DAIGO&吉田羊、哀川翔が育てたカブトムシに逃げられる! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月11日 > DAIGO&吉田羊、哀川翔が育てたカブトムシに逃げられる!
メニュー

DAIGO&吉田羊、哀川翔が育てたカブトムシに逃げられる!

2015年7月11日 16:01

舞台挨拶でカブトムシが逃げるハプニング!「アリのままでいたい」

舞台挨拶でカブトムシが逃げるハプニング!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]日本に生息する50種類以上の昆虫に迫った3Dドキュメンタリー映画「アリのままでいたい」が7月11日、全国205スクリーンで公開され、ナレーションを担当したDAIGO、吉田羊栗林慧撮影総監督、鴨下潔監督が東京・丸の内TOEIでの舞台挨拶に出席した。

この日、昆虫好きで、カブトムシ飼育歴14年を誇る俳優・哀川翔から、哀川が羽化させた5000匹のなかから選別した、200匹のつがいが来場者100人に贈られた。ビデオメッセージを寄せた哀川は、「このカブトムシを大切に育てて、卵を産ませてぜひ、ギネス級のカブトムシを誕生させてくれるとうれしいですね」と呼びかけた。

DAIGOと吉田がカブトムシのつがいを手に写真撮影に臨むと、棒にとまったカブトムシ2匹が飛び立ち逃亡するハプニングが発生し、「ミラクル! ミラクル!」と仰天。2匹は場内で行方不明になり、DAIGOは「まさかカブトムシが飛んで、僕が謎の棒を持ってフォトセッションするというね。あいつは何で棒を持っているんだと思われる」と苦笑。その一方で、「昆虫というのはどういう動きをするかわからない中で撮影した、監督と撮影総監督に改めてリスペクトです」と感服していた。

映画は「アリの目カメラ」と呼ばれる特殊なカメラで昆虫たちの生活を撮影し、自分が昆虫になったかのような臨場感を楽しむことができる3Dドキュメンタリー。DAIGOと吉田は、ともに昆虫好きだそうで、「カブトムシと、永遠のライバルのクワガタの対決。世界で一番かっこよく映像に収められているので、全世界のキッズや昆虫好きな大人、みんなに見てもらいたいですね」(DAIGO)、「昆虫映画で感動するはずがないと思っていたんですが、まんまとやられました。そういう人にこそ見てもらいたいですね」(吉田)とアピールした。

少年時代にカブトムシを飼育していたというDAIGOは、「幼虫もちゃんと生まれて、羽化させるというのが命を懸けてやっていました」と思い出を語る。しかし、幼虫の羽化に挑戦した際は「1匹も成功しなかった」そうで、「土に栄養の液をめちゃくちゃかけていたら、知らぬ間にみんないなくなっていた。かけすぎたのかもしれないですね、難しいです」と悲しいエピソードも披露した。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi