妻夫木聡出演の台湾映画「黒衣の刺客」日本版ディレクターズカットで公開!忽那汐里も出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月7日 > 妻夫木聡出演の台湾映画「黒衣の刺客」日本版ディレクターズカットで公開!忽那汐里も出演
メニュー

妻夫木聡出演の台湾映画「黒衣の刺客」日本版ディレクターズカットで公開!忽那汐里も出演

2015年7月7日 08:00

「黒衣の刺客」の一場面「黒衣の刺客」

「黒衣の刺客」の一場面
(C)2015光點影業股イ分有限公司
銀都機構有限公司 中影國際股イ分有限公司
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第68回カンヌ映画祭の監督賞を受賞した、台湾の巨匠ホウ・シャオシェン監督の「黒衣の刺客」が、日本オリジナル・ディレクターズカットで劇場公開されることが発表された。監督たっての希望で公開されることになった同バージョンには、メインキャストの妻夫木聡のほか、忽那汐里が出演している。

本作は、中国本土、台湾のほか、日本の京都、奈良、滋賀、兵庫で撮影を敢行。ホウ監督は、「インターナショナルバージョンでは残念ながら割愛してしまった、日本での撮影シーンを追加したバージョンを、日本の皆さまに楽しんで見ていただけると嬉しいです」とコメントを寄せた。

唐代の中国を舞台に、数奇な運命に翻ろうされる女刺客を描いた新感覚の武侠映画。「ミレニアム・マンボ」などホウ監督作のミューズ、スーチーが、道姑(女性の道士)によって完全な暗殺者に育て上げられた主人公インニャン、「百年恋歌」でもホウ監督とタッグを組んだチャン・チェンがインニャンの元婚約者で暗殺の標的となる暴君を演じる。

日本オリジナル・ディレクターズカットには、妻夫木演じる日本人青年の回想シーンが挿入される。ホウ監督は、「主人公インニャンは青年の過去を知りません。青年の背景を描くことによって、インニャンの孤独がさらに深まるだろうと考えたからです」と意図を説明。この回想シーンは2010年に奈良で撮影されており、忽那が日本人青年の妻役として美しい雅楽の舞などを披露する。

ホウ監督は「個性的な性格に引かれました。物事を考える力のある人物であることを強く感じることができた」と忽那を起用した理由を語る。一方の忽那は、台本のない撮影スタイルを「日々思いがけない変更が出たりと、本当に刺激的な毎日でした。監督を信頼し、コミュニケーションを綿密にとりながら撮影は進んでいきました」と述懐し、「ようやく皆さんに、この作品を見ていただくことができてとても嬉しく思っています」と語った。

黒衣の刺客」は9月12日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

ミレニアム・マンボ[DVD] ミレニアム・マンボ[DVD] 最安価格: - 台北から東京そして夕張へ。スー・チー、ガオ・ジェ主演、ホウ・シャオシェン監督によるひとりの女性の愛の喪失と再出発を描いた物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi