戦後70年特別企画 岩波ホールで黒木和雄監督の「戦争レクイエム」4作品を上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月5日 > 戦後70年特別企画 岩波ホールで黒木和雄監督の「戦争レクイエム」4作品を上映
メニュー

戦後70年特別企画 岩波ホールで黒木和雄監督の「戦争レクイエム」4作品を上映

2015年7月5日 13:30

岩波ホールで8月、黒木和雄監督の 戦争レクイエム4作品が上映「TOMORROW 明日」

岩波ホールで8月、黒木和雄監督の
戦争レクイエム4作品が上映
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京・神保町の岩波ホールで8月1日から21日まで、戦後70年特別企画として、黒木和雄監督の「TOMORROW 明日」(1988)、「美しい夏キリシマ」(2002)、「父と暮せば」(04)、「紙屋悦子の青春」(06)の4作品が上映されることが決まった。期間中は毎日、夜の上映回で黒木監督の短編「ぼくのいる街」(89)が併映される。

30年に宮崎県で生まれ、戦時下で少年期を過ごした黒木監督は、06年4月に他界するまで、キャリアの後期から晩年にかけて戦争を題材にした作品を多く手がけた。

中でも、長崎の市井の人の原爆投下までの24時間を描いた「TOMORROW 明日」、自身の少年時代をモチーフに、終戦間近の日本の様相を描いた「美しい夏キリシマ」、そして井上ひさしの舞台を映画化し、広島の原爆で生き残ったことに負い目を感じる女性と、彼女の前に幽霊となって現れた父親の4日間をつづった「父と暮せば」は、「戦争レクイエム3部作」として広く知られる。

今回の上映では同3部作に加えて、太平洋戦争末期の鹿児島を舞台に、純朴な娘の淡い恋や友情を描いた黒木監督の遺作「紙屋悦子の青春」も上映する。

さらに期間中の毎日、午後6時30分上映回には、黒木監督の劇場未公開作品「ぼくのいる街」も併映。同作は、現代(89年)の銀座によみがえった、戦時の空襲で亡くなった少年の姿を通し、昭和の戦争の時代を写しだす短編作品となっている。

黒木和雄 7回忌追悼記念 美しい夏キリシマ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 黒木和雄 7回忌追悼記念 美しい夏キリシマ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,890 黒木和雄監督の戦争レクイエム三部作の第2弾。1945年、夏。15歳の少年と、彼を取り巻く人々の“戦争という日常”を描く。
紙屋悦子の青春[DVD] 紙屋悦子の青春[DVD] 最安価格: ¥3,201 日本中に感動の渦をまきおこし、数々の映画賞を受賞した『父と暮せば』の黒木和雄監督の遺作『紙屋悦子の青春』がDVDに登場!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi