斎藤工「ここからが勝負!」と熱弁 主演作「虎影」公開3週目も盛況 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月4日 > 斎藤工「ここからが勝負!」と熱弁 主演作「虎影」公開3週目も盛況
メニュー

斎藤工「ここからが勝負!」と熱弁 主演作「虎影」公開3週目も盛況

2015年7月4日 20:40

舞台挨拶に立った(左から) 西村喜廣監督、鳥居みゆき、斎藤工「虎影」

舞台挨拶に立った(左から)
西村喜廣監督、鳥居みゆき、斎藤工
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 忍者アクション「虎影」の大ヒット御礼舞台挨拶が7月4日、東京・新宿武蔵野館で行われ、主演の斎藤工、共演する鳥居みゆき西村喜廣監督が登壇した。公開3週目に突入するなか、同館には多くのリピーターが駆けつける盛況ぶりで、斎藤は「公開前から手渡し感覚で広げてきた作品。こうしてヒット御礼ができるのも、自然でうれしいプロセス」と喜びの面持ち。「でも、ここからが勝負! 今後も健康的な形で、挑戦していきたい」と熱弁した。

今夏公開される実写版「進撃の巨人」で特殊造形プロデューサーを務める西村監督が、長年親交がある斎藤を主演に迎えた本作。かつて最強の名をほしいままにしながら、今は平穏な暮らしをおくる“抜け忍”虎影(斎藤)が、人質にとられた家族を救おうと、再び危険な任務に身を投じる。

斎藤の熱弁に応える形で、西村監督も「僕の監督人生で、こんなことは初めて。すごく感激している」と感無量の面持ち。「DVDで見ればいい、じゃなくて、映画館でみんな一緒に楽しめる映画を目指した。これからも、どんどん広がっていけば」とさらなるヒットと、公開規模の拡大に期待を寄せた。

鳥居は、虎影を追い詰めるくノ一の夜馬(ようま)役を演じており、「西村監督の現場は愛があふれていて、まるで家族みたい」と述懐。「でも、そんな愛に飛びこむ勇気がなくて。斎藤さんに『この子、仲間に入れてあげて』っていう扱いを受けてみじめだった。銀杏の食べ方を教えてくれたり、優しいところもありましたけど」と笑いを誘った。「虎影」は公開中。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi