カンヌある視点部門グランプリ&パルムドッグ賞受賞作「ホワイト・ゴッド」11月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月3日 > カンヌある視点部門グランプリ&パルムドッグ賞受賞作「ホワイト・ゴッド」11月公開
メニュー

カンヌある視点部門グランプリ&パルムドッグ賞受賞作「ホワイト・ゴッド」11月公開

2015年7月3日 13:10

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」ビジュアル「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」ビジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2014年第64回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ受賞作「White God(英題)」が、邦題「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」として、11月21日劇場公開が決定。このほど施設を脱走した犬たちが一人の少女ティザービジュアルと場面写真がお披露目された。

ハンガリー、ドイツ、スウェーデン合作の本作は、雑種犬に重税が課せられる法律の影響で飼い主の少女と離ればなれになった犬ハーゲンと、人間から虐げられ保護施設に入れられた犬たちの反乱を描いた物語。コーネル・ムンドルッツォ監督がメガホンをとった。

カンヌ映画祭で上映された作品の中で優れた演技をした犬に授与されるパルムドッグ賞も受賞しており、CGを用いず、ブタペストの街を数百匹の犬が疾走する迫力と緊張感あふれるシーンを撮影。タレント犬ではなく実際に施設に保護されていた250匹以上の犬への演出と演技が評価され、ハーゲンを演じたルークとボディ(兄弟/二匹一役)に賞が授与された。


画像2

2014(C)Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney
[拡大画像]

雑種犬に重税を課すという法律が施行されたある街で、13歳のリリは理解のない父親によって愛犬ハーゲンを捨てられてしまう。必死でハーゲンを探し回るリリと、主人を失い、安住の地を求めて街をさまようハーゲン。ハーゲンは虐げられてきた施設の犬たちを従えて人間に対して反乱を起すのだった。

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」は、11月21日から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi