「インデペンデンス・デイ」続編、日本でも2016年公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月3日 > 「インデペンデンス・デイ」続編、日本でも2016年公開!
メニュー

「インデペンデンス・デイ」続編、日本でも2016年公開!

2015年7月3日 11:00

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス(原題)」公開決定!「インデペンデンス・デイ」

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス(原題)」公開決定!
(C)2016 Twentieth Century Fox Film
Corporation All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界的に大ヒットしたSF超大作「インデペンデンス・デイ」が1996年7月3日に全米で公開されてからちょうど19年にあたる本日、続編「インデペンデンス・デイ:リサージェンス(原題)」が2016年に日本でも公開されることが発表された。全米公開日は同年6月24日を予定している。

本作の製作発表会見が6月22日(現地時間)、米ニューメキシコ州アルバカーキの撮影スタジオで行われ、地球侵略を目論むエイリアンを撃退してから20年後の世界を描く本作では、人類は団結し、エイリアンのテクノロジーを利用した防御システムを構築しているという設定であることが明らかになった。

前作に引き続きメガホンをとるローランド・エメリッヒ監督は、「エイリアンの侵略があった後、共通の敵を相手に世界がひとつにまとまっている。これが“リサージェンス(復活)”の意味だ」とタイトルについて解説。科学者デヴィッド・レヴィンソン役を再び演じるジェフ・ゴールドブラムは、「前回の戦いを経験した後、世界の国々はひとつの目標のもと、素晴らしい形で協力している。国境は今までのような意味を持たなくなっているというのは、素晴らしいアイデアだ」と力強くコメントした。

さらに、月にある軍事基地に建設された、新防御システムのためのマシン“ムーン・タグ”もお披露目された。主人公ジェイク役に起用されたリアム・ヘムズワースは、「ジェイクは最初の攻撃で両親を失い、孤児院で育ったが、軍隊に入って最高のパイロットになった。意地を張ったせいで、人の命を危険にさらした過去があるが、ムーン・タグに乗るというすごい仕事を手に入れたんだ」と役どころについて語っている。

会見にはエメリッヒ監督、ゴールドブラム、ヘムズワースのほか、前作から続投するビル・プルマンブレント・スピナージャド・ハーシュ、新キャストのジェシー・アッシャーマイカ・モンローセラ・ウォードらが顔をそろえた。

インデペンデンス・デイ[Blu-ray/ブルーレイ] インデペンデンス・デイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 全世界でメガヒットを記録した衝撃のSF超大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi