東京国際映画祭で受賞のイラン映画「ボーダレス」10月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月2日 > 東京国際映画祭で受賞のイラン映画「ボーダレス」10月公開
メニュー

東京国際映画祭で受賞のイラン映画「ボーダレス」10月公開

2015年7月2日 07:10

「ボーダレス ぼくの船の国境線」の一場面「ボーダレス ぼくの船の国境線」

「ボーダレス ぼくの船の国境線」の一場面
(c) Mojtaba Amini
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2014年第27回東京国際映画祭で、アジアの未来部門作品賞を受賞したイラン映画「ボーダレス ぼくの船の国境線」が、10月劇場公開することがわかった。

昨年の東京国際映画祭で「ゼロ地帯の子どもたち」(英題:Borderless)としてプレミア上映され、観客に深い感動と涙を誘った本作は、緊迫する国境沿いの立入禁止区域に放置された朽ち果てた船で寝泊まりする少年が主人公。少年のもとに言葉の通じない侵入者が現れ、初めは警戒しながら、やがてふたりの心の交流が生まれるまでを、子どもたちの豊かな表情と身振りを通して描きだす。

アミルホセイン・アスガリ監督の長編デビュー作で、アッバス・キアロスタミアミール・ナデリらと同様に、プロの役者ではない、地元の素人の子どもたちを起用。まだ撮影が始まっていないかのような自然な状況下で演技をさせた。監督のアドバイザーとしてアボルファズル・ジャリリも名を連ね、「友だちのうちはどこ?」「少年と砂漠のカフェ」「駆ける少年」 などイランの“子ども映画”の系譜につながる新たな傑作だ。

アスガリ監督は、「『ボーダレス』というタイトルは、自分の夢、希望なのです。国境がなくなったら、皆がどのくらい幸せに暮らせるのだろうと。その心の希望をタイトルにしました。人と人との間には壁はないと思います。国と国との間にラインを引いたのは国民ではありません。言葉の壁を壊すことは難しいですが、人々の心が通じ合えば、国境がなくなるという希望は叶うだろうと思っています」とタイトルに込めた思いを東京国際映画祭で語っていた。

ボーダレス ぼくの船の国境線」は10月、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi