山一證券の自主廃業をドラマ化 若松節朗監督メガホンで「しんがり」放送決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月2日 > 山一證券の自主廃業をドラマ化 若松節朗監督メガホンで「しんがり」放送決定!
メニュー

山一證券の自主廃業をドラマ化 若松節朗監督メガホンで「しんがり」放送決定!

2015年7月2日 06:00

「しんがり 山一證券最後の12人」書影「柘榴坂の仇討」

「しんがり 山一證券最後の12人」書影
原作:清武英利「しんがり 山一證券 最後の12人」
(講談社)
[拡大画像]

[映画.com ニュース]山一證券の自主廃業を描き、2014年度講談社ノンフィクション賞を受賞した「しんがり 山一證券 最後の12人」が、「しんがり 山一證券 最後の聖戦」としてドラマ化されることが決定した。映画「柘榴坂の仇討」の若松節朗監督がメガホンをとり、「相棒」シリーズなどを手掛ける戸田山雅司が脚本を務める。

四大証券の一角を占める巨大金融企業・山一證券の自主廃業が発表された1997年当時、この事件は日本経済にとって大きな打撃となっただけでなく、日本の終身雇用の終わりを告げる出来事として、世間に衝撃を与えた。ドラマは、突然発表された自主廃業で役員までもが逃げ出すなか、軍列の最後尾で戦う“後軍(しんがり)”のように最後まで会社にとどまり、真相究明と顧客への清算業務を続けた社員たちの姿を描く。

原作者の清武英利氏は、今回のドラマ化決定に「しんがりたちはドラマに向いていないと思っていた。彼らは半沢直樹のようなスーパーマンではなく、何事もなければ他人に知られることもなかった普通のサラリーマンでありOLだから」と語る。そして、「企業敗戦はどこにでもあり得ることで、私たちの隣にある現実だ。もしもこのドラマに心を動かされる人がいたとしたら、その人のなかにも『しんがり人』と同じような抵抗と希望のちからが潜んでいるからだと思う」とコメントを寄せている。

日曜オリジナルドラマ・連続ドラマW「しんがり 山一證券 最後の聖戦」は、9月から放送予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi