串田和美氏、舞台を初めてカットしたNEWシネマ歌舞伎「三人吉三」に自信「独特なものができた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月27日 > 串田和美氏、舞台を初めてカットしたNEWシネマ歌舞伎「三人吉三」に自信「独特なものができた」
メニュー

串田和美氏、舞台を初めてカットしたNEWシネマ歌舞伎「三人吉三」に自信「独特なものができた」

2015年6月27日 21:05

串田和美氏と出演の笹野高史

串田和美氏と出演の笹野高史
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌舞伎を映画館で上映するシネマ歌舞伎の第22作でNEWシネマ歌舞伎と銘打った「三人吉三(さんにんきちさ)」が6月27日、東京・渋谷Bunkamuraル・シネマなどで公開され、監督の串田和美氏と出演の笹野高史が同館で記念のトークショーを行った。

「三人吉三」は中村勘九郎、中村七之助、尾上松也によるコクーン歌舞伎として昨年6月に同じBunkamura内のシアターコクーンで上演。舞台の演出・美術を手掛けた串田氏が「テレビなどで舞台の中継ものを見ていると、作り手からするとなんか違うというか奇妙な気持ちだった。やるのならちょっと面白いものにしたいと思って、大変な苦労をして作った」と追加撮影や稽古のシーンも盛り込み、約3時間半の演目を2時間15分に凝縮した。

公演部分のシーンをカットするのはシネマ歌舞伎史上初めてで、串田氏は「たくさんの人の記憶と視点が見えるようにしたいと思い、客観的ではない舞台にはなかった独特のものができた」と自信ありげ。主演の3人が映画の試写を見た際には「皆黙っちゃって、作品はいいけれど自分の芝居は薄っぺらだって落ち込んで、悲しい顔をしていた」という。

これには、勘九郎演じる和尚吉三の父・土佐衛門伝吉役の笹野が「役者って自分のことしか見ていないから。私も反省ばかりでお恥ずかしい限り」とフォロー。自身は故中村勘三郎さんに誘われてコクーン歌舞伎に出演するようになった経緯があり、「大変な苦労をしたが、神さまが与えてくれた試練だった。代々受け継がれているDNAには勝てないが、コクーン歌舞伎を経験している人は周波数が違う。初めてお会いする方とも戦友同士のような気持ちになる」とその魅力を語った。

串田氏も「彼もこういうものは好きだろうし、今日もどこかで見ていると思う。それよりここに座りたくて悔しがっているんじゃないかな」と勘三郎さんに思いをはせていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi