アンヌ・フォンテーヌ監督、ファブリス・ルキーニに「ウッディ・アレンの投影のように演じて」と依頼 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月27日 > アンヌ・フォンテーヌ監督、ファブリス・ルキーニに「ウッディ・アレンの投影のように演じて」と依頼
メニュー

アンヌ・フォンテーヌ監督、ファブリス・ルキーニに「ウッディ・アレンの投影のように演じて」と依頼

2015年6月27日 20:05

アンヌ・ファンテーヌ監督「ボヴァリー夫人」

アンヌ・ファンテーヌ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスの最新映画を日本に紹介する「フランス映画祭2015」で6月27日、アンヌ・フォンテーヌ監督の「ボヴァリー夫人とパン屋」が上映され、来日したフォンテーヌ監督がティーチインを行った。

フランス文学の古典をモチーフにした、英国人作家によるグラフィックノベルを原作としたコメディ。パリの出版社に勤務後、田舎町でパン屋を営む文学好きのマルタン。ある日、英国人夫妻ジェマとチャーリー・ボヴァリーが向かいに引っ越してくる。ジェマは奔放な魅力を持ち、夫の目を盗んで若い青年と情事を重ねていた。マルタンの愛読書「ボヴァリー夫人」の主人公のようなジェマの行動から目が離せなくなったマルタンは、小説と現実を重ねあわせて妄想をふくらませていく。

文学に造詣の深いことで知られる名優ファブリス・ルキーニが主人公のマルタンを演じる。フォンテーヌ監督は「知的なパン屋というあまりいないキャラクターを演じるのに適任だった」と起用の理由を明かし、実際、ルキーニは娘に「ボヴァリー夫人」の主人公の名を付けているというエピソードを披露。マルタンの役作りにおいては「現実生活よりもフィクションや芸術のほうが楽しいと感じている人物。ファブリスにはウッディ・アレンの投影のように演じてと頼みました」と話した。

若妻ジェマを演じたのは、「007 慰めの報酬」(08)のボンドガールに抜てきされ注目を集めた英女優ジェマ・アータートン。フォンテーヌ監督はアータートンを一目見て、同作のヒロインにぴったりだと確信したそうで「彼女には女でもゲイでも犬でも抵抗できない魅力があった」と絶賛した。

フォンテーヌ監督が定義する「ボヴァリー夫人」像は「リンゴの木の下で梨をほしがる女性」と語り、「すべての人が、今よりももっとおもしろいことが来るのではと願う、ボヴァリー夫人的なものを持っていると思う。誰もが自己投影できるのでは」と語った。

映画祭は29日まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催。「ボヴァリー夫人とパン屋」は7月11日全国公開。

007/慰めの報酬【TV放送吹替キャスト・新録版】[DVD] 007/慰めの報酬【TV放送吹替キャスト・新録版】[DVD] 最安価格: - イギリス情報局秘密情報部に所属するジェームズ・ボンドの活躍を描いたスパイ・アクション「007」シリーズの第22作目!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi