岡田将生、染谷将太と公開ハグに赤面も“恩師”瀬々監督に最敬礼「胸が熱くなった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月27日 > 岡田将生、染谷将太と公開ハグに赤面も“恩師”瀬々監督に最敬礼「胸が熱くなった」
メニュー

岡田将生、染谷将太と公開ハグに赤面も“恩師”瀬々監督に最敬礼「胸が熱くなった」

2015年6月27日 15:55

公開ハグで場内を盛り上げた岡田将生、染谷将太ら「ストレイヤーズ・クロニクル」

公開ハグで場内を盛り上げた岡田将生、染谷将太ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の岡田将生が主演するアクション大作「ストレイヤーズ・クロニクル」が6月27日、全国246スクリーンで初日を迎えた。岡田は共演の染谷将太成海璃子松岡茉優らとともに東京・新宿ピカデリーで初日舞台挨拶を行った。

岡田は特殊能力を持つ若者たちのグループのリーダー役で、撮影中も自身より若い共演者のリーダー的存在だったという。そこで成海が「焼き肉をごちそうしてくれてありがとう。おいしかった。また一緒に仕事しようね」とメッセージを送ると、映画のシーンと同様に頭をポンとなで、「妹なんでね。かわいいわ」と顔を赤らめた。

さらに、敵対するグループのリーダーで8年近い親交のある染谷には、こちらも映画のシーンにある“超全力ハグ”をする演出を実践したが、お互いに照れることしきり。瀬々敬久監督が「イマイチ。愛が感じられなかった。もう1回」とダメ出しした。

そこで瀬々監督が仕切り、映画で実際に演じた白石隼也が岡田に手ほどきをして再挑戦。岡田は指導の通り両腕を染谷の尻に回して抱きしめ、「もう汗だくだよ」とさらに赤面。染谷も、「まさかこういう展開になるとは」と苦笑いしていた。

それでも、瀬々監督は親友の俳優・伊藤猛さんが昨年9月の撮影中に急逝したことを明かし、「岡田くん、染谷くんに会った時、メジャーもマイナーも関係なく面白い映画を作ろうという姿勢に、自分も20代、30代に戻ったような気持ちになった。ありがとう」と感謝の花束を贈呈。岡田も感極まった表情で、「瀬々監督に出会ったことで仕事に対する気持ち、姿勢が180度変わった。胸が熱くなりました。これからも精進していきたい」と最敬礼だった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi