本郷奏多、白髪の青年「アカギ」役作りで5回の脱色「大変だった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月24日 > 本郷奏多、白髪の青年「アカギ」役作りで5回の脱色「大変だった」
メニュー

本郷奏多、白髪の青年「アカギ」役作りで5回の脱色「大変だった」

2015年6月24日 12:50

自ら志願し髪を脱色した本郷奏多「もうしません!」

自ら志願し髪を脱色した本郷奏多
[拡大画像]

[映画.com ニュース]若手俳優・本郷奏多が6月23日、都内で行われた主演ドラマ「アカギ」の制作発表会見に、共演の津川雅彦田中要次神保悟志らとともに出席した。

福本伸行氏による人気麻雀漫画を実写ドラマ化。麻雀の天才である白髪の青年・赤木しげる(アカギ)が、戦後日本を裏から牛耳った“昭和の帝王”鷲巣巌を相手に、命がけの麻雀対決に挑む姿を描き出す。

原作のアカギに近づくため、本郷は自ら志願し髪を脱色。5回に及ぶブリーチを施し、アカギの白髪をはじめ悪魔的なビジュアルを再現してみせた。本郷は会見で「原作ファンの人たちと同じか、それ以上に原作を愛するという心が重要」と語っており、その役作りへの信念にプロデューサーの長内敦氏も脱帽しきり。その一方で、「軽い気持ちで『白にしましょう』と言ったが、いざやってみると大変だった。(周囲から)『痛いよ』といわれていたのが、本当でした」と吐露し、「もうしません!」と笑いながらコメントしていた。

また今回のドラマでは、ガラス牌を使用し、アカギの血液と鷲巣の財産をかけた特殊ルールで行われる「鷲巣麻雀編」を描き出す。田中以外の3人は、本編の特徴であるグローブを身に着けており、本郷は「皆さんの手のサイズをはかって作った。非常にいい出来でして、機能性にも優れています。グローブがあると牌さばきが難しいので、すごく考えられている。小道具や衣装のクオリティはものすごく高いので、ファンの方には喜んでもらえると思う」と自信をのぞかせた。

さらに、屋敷の中での麻雀対決が映し出されるだけに、「(撮影は)非常に順調に進んでいます。天気の影響も一切なく、部屋の中で卓を囲んで移動も一切ないので、それは順調に進むだろうと(笑)」と快調ぶりをアピール。そして、相対する者を手玉に取るアカギを演じるにあたり、「カメラが回ったら、僕(アカギ)は先輩方を見下さなきゃいけないんですけど、そういうところも楽しみながらやっています」と、不敵な笑みを浮かべていた。

会見には、原作者の福本氏、主題歌を担当した「湘南乃風」のSHOCK EYEも登壇した。ドラマ「アカギ」は、BSスカパー!で7月17日午後9時から放送。1話60分。全10話。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi