長谷川博己「ラブ&ピース」での演技を「やりすぎた」と後悔? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月24日 > 長谷川博己「ラブ&ピース」での演技を「やりすぎた」と後悔?
メニュー

長谷川博己「ラブ&ピース」での演技を「やりすぎた」と後悔?

2015年6月24日 20:40

(左から)園子温監督、長谷川博己、麻生久美子、西田敏行「ラブ&ピース」

(左から)園子温監督、長谷川博己、麻生久美子、西田敏行
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長谷川博己が主演し、園子温監督がメガホンをとった映画「ラブ&ピース」の完成披露試写会が6月24日、都内で行われ、長谷川と園監督をはじめ共演の麻生久美子西田敏行が舞台挨拶に立った。

ロックミュージシャンの夢破れ、恋心を抱く同僚・裕子に話すこともできずにくすぶるサラリーマン鈴木良一が、一匹のミドリガメ「ピカドン」に出合ったことから、人生を変えていくさまを描く。ロックミュージシャン役に初挑戦した長谷川は、今作の感想を聞かれ「ちょっと自分の演技がやりすぎたという後悔がありました」と苦笑い。すると園監督は、「今までにない長谷川君が、カラを破りすぎた、何枚も破って、普通は5年くらいかかるところをたったの1秒で破り捨てた。凄まじい演技です」と絶賛し、フォローを忘れなかった。

また長谷川は、映画では劇中歌「ラブ&ピース」を披露している。これに麻生は、「前にバンドをやられていたんじゃないかと思うくらい上手で、パフォーマンスもすごい。かなわないなと思いました」と脱帽。西田も長谷川の役者魂を称賛し、「ひろちゃん(長谷川)とはウマが合う。すらっとしていますがなかなか熱いものがあって、意欲に燃えていますから。自分のなかにあったエネルギーが喚起されて、飲んでしゃべっている時に、楽しかったですね。一見して、そう見えないですよね、青白い感じで」とユニークに明かしていた。

また今作は、4月に行われた第5回北京国際映画祭の、「天壇奨(Tiantan)」コンペティション部門に出品。現地入りした長谷川は「中国で上映できるということはまず幸せだと思いましたし、温かくしてくださって、映画のようなあったかい雰囲気に包まれた劇場でした」と、スタンディングオベーションが起こったという劇場の反応を振り返った。一方の園監督は、中国での長谷川の人気に触れ、「道中の中国人の女性ガイドが、『長谷川君はどこにいるんですか』と。全然僕には無関心です。『このバスには乗っていないんだ』と(わかると)、それ以後無口になっていました」とぼやき、客席を喜ばせていた。

最後のフォトセッションでは、園監督の計らいにより、観客の写真撮影が許可された。約300人のファンは大盛り上がりで、西田は「(公開日の)27日には、切符買って見に来てね!」とアピールしていた。映画「ラブ&ピース」は、6月27日から東京・TOHOシネマズ新宿ほか全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi