実写「進撃の巨人」予告編で立体機動装置を駆使したアクションシーンがお目見え : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月24日 > 実写「進撃の巨人」予告編で立体機動装置を駆使したアクションシーンがお目見え
メニュー

実写「進撃の巨人」予告編で立体機動装置を駆使したアクションシーンがお目見え

2015年6月24日 16:00

第3弾ポスターも完成した 実写版「進撃の巨人」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」

第3弾ポスターも完成した
実写版「進撃の巨人」
(C)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会
(C)諫山創/講談社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 諫山創氏の大ヒットコミックを実写化映画化する「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の予告編が公開された。「立体機動予告編」と題され、同作のひとつの特徴でもある兵器「立体機動装置」を駆使したアクションシーンが、初めてお目見えした。

同作ついては、これまで公開されてきた特報映像などで、巨人や豪華キャスト陣が演じるキャラクターたちの姿が映し出され、映画の世界観が徐々に明らかにされてきた。特報映像はYouTubeですでに350万回以上も再生されており、注目度の高さは折り紙つきだが、そんな中で登場した今回の予告編では、原作ファン待望の立体機動装置を駆使した場面が解禁。疾走感あふれるワイヤーアクションが印象的な映像になっている。YouTube(https://youtu.be/Viqy8VflTyA)で配信されているほか、6月27日から全国の劇場で上映される。

さらに同作の興行では、「IMAX」「4DX」「MX4D」「D-BOX」とアトラクション型、体感型の4種類の特別興行が行われることが決定。これら4種類の特別興行が同時に実施されるのは邦画史上初となる。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は、人間を捕食する謎の巨人に支配された世界を舞台に、巨大な防壁の内側で暮らしていた人類が、再び現れた巨人たちとの壮絶な戦いに挑んでいく姿を2部作で描く。監督を樋口真嗣、主演を三浦春馬が務め、前編は8月1日全国公開。後編の「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」も9月19日から公開される。

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~初回限定版[DVD] 劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~初回限定版[DVD] 最安価格: ¥3,456 諫山創の人気コミックをアニメ化し、2013年4~9月に放送されて大ヒットを記録したテレビシリーズ「進撃の巨人」全25話を再編集した劇場版2部作の前編(テレビシリーズ第1~13話)。
進撃の巨人1[Blu-ray/ブルーレイ] 進撃の巨人1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,240 人類に許されたのは、恐怖と絶望――。大ヒット漫画「進撃の巨人」のTVアニメ化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi