シュワ、12年ぶりシリーズ復帰に感無量!「ターミネーター」最新作ドイツプレミア開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月23日 > シュワ、12年ぶりシリーズ復帰に感無量!「ターミネーター」最新作ドイツプレミア開催
メニュー

シュワ、12年ぶりシリーズ復帰に感無量!「ターミネーター」最新作ドイツプレミア開催

2015年6月23日 14:45

「ターミネーター」最新作の主要キャストが一堂に会す!「ターミネーター:新起動 ジェニシス」

「ターミネーター」最新作の主要キャストが一堂に会す!
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ターミネーター:新起動 ジェニシス」のベルリンプレミアが6月21日(現地時間)に行われ、主演を務めたアーノルド・シュワルツェネッガー、メガホンをとったアラン・テイラー監督をはじめ、主要キャストと製作陣が勢ぞろい。各国からの報道陣のほか、1000人を超すファンが結集し、注目度の高さをうかがわせた。

12年ぶりにシリーズ復帰を果たしたシュワルツェネッガーは、「ターミネーターというキャラクターを演じることが本当に好きなんだ。だから(シリーズに)戻って来られてうれしかった」と感無量の様子。T-800を再び演じたことについては、「自転車に乗るようなものだったよ。すぐに感覚を取り戻せた」と余裕の表情をみせた。

T-800と共闘する女戦士のサラ・コナーを演じたエミリア・クラークは、撮影を振り返り「撮影でターミネーターとしてのアーノルドを初めて見たときは、本当に素晴らしい気持ちになった。T-800が私の守護神だなんて、夢のようだったわ」と当時の興奮を明かす。本作の冒頭で鍛え抜かれた筋肉を披露したジェイ・コートニーは、「(裸で入る必要がある)時間転送装置に乗るには、ベストな体じゃないとね」とおどけ、会場の笑いを誘った。

プロデューサーのデビッド・エリソンダナ・ゴールドバーグは「(シリーズの生みの親である)ジェームズ・キャメロンに完成した映画を見せたときは、とても緊張した」としながらも、キャメロン監督が称賛したことに触れ「キャメロンが、『ターミネーター:新起動 ジェニシス』が、彼が創造した宇宙に属していると感じてくれたことは、我々にとっては大きな意味がある」と語った。

人類反乱軍のリーダー、ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)の母サラを抹殺するため、殺りくマシーンのターミネーターT-800が未来から過去へと転送されるが、老いた同型のターミネーターが待ち受けていた。なお、シュワルツェネッガーとクラークは、7月6日に東京・六本木ヒルズ・アリーナで開催されるジャパンプレミアイベントに参加予定。「ターミネーター:新起動 ジェニシス」は、7月10日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi