「ショートショートフィルムフェスティバル」グランプリはイラン作品 奥田瑛二「監督の心が美しい」と絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月15日 > 「ショートショートフィルムフェスティバル」グランプリはイラン作品 奥田瑛二「監督の心が美しい」と絶賛
メニュー

「ショートショートフィルムフェスティバル」グランプリはイラン作品 奥田瑛二「監督の心が美しい」と絶賛

2015年6月15日 21:30

レザ・ファヒミ監督(中央)と審査員を務めた 冲方丁、藤原紀香、奥田瑛二、河瀬直美、チョン・ウソン、要潤(左から)

レザ・ファヒミ監督(中央)と審査員を務めた
冲方丁、藤原紀香、奥田瑛二、河瀬直美、チョン・ウソン、要潤(左から)
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米アカデミー賞公認の短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2015」(SSFF&ASIA)の授賞式が6月15日、東京・渋谷ヒカリエで開催され、イランのレザ・ファヒミ監督による社会派作品「キミのモノ」がグランプリに輝き、来年のアカデミー賞短編部門のノミネート対象作品に選出されることが決定した。

俳優の別所哲也が1999年に立ち上げ、今年で17回目の開催となるSSFF。今回オフィシャルコンペティション部門で上映されたのは、世界96の国と地域から応募された4559作品から選ばれた85作品。審査員を務めた作家の冲方丁、俳優の奥田瑛二、要潤、藤原紀香チョン・ウソン河瀬直美監督が、「インターナショナル部門」「アジア インターナショナル部門」「ジャパン部門」それぞれの優秀賞を決定し、その中からグランプリを選出した。

ファヒミ監督は「アジア インターナショナル部門」の優秀賞を受賞した際に、「心から嬉しい。イランでも賞を頂きましたが、海外では初めて」と緊張気味にコメントしたが、グランプリに決定した際には「今、夢を見ているようです。関係者の皆様に心から感謝したい」と唇を噛みしめて笑顔を弾けさせた。奥田は「グランプリは審査員みんな同じ心で選ばせて頂きました。監督の心が美しい。監督のまなざし、心の表現が豊かだった」と絶賛した。

「インターナショナル部門」優秀賞は、産気づいた妊婦を車に乗せたことから起こる悲劇を描いたチュニジアのロットフィ・アコー監督作「父親」が受賞。アシュー監督は、「アラブの世界では今、悲観主義と楽観主義がないまぜになっている状況。そこで親子関係を描くことで、人間的な物語を描きたいと思いました」と母国の現状を訴えた。

「ジャパン部門」優秀賞を受賞したのは、岸本司監督が沖縄の現状を描いた「こころ、おどる Kerama Blue」。岸本監督は「沖縄は観光的には美しいが、政治的には複雑な土地。言葉を超えて、笑い合いひとつになれるものを作りたかった」と真摯に語った。

このほか、CGアニメーション部門はジョシー・マリス監督の「ベンディートマシンV 引金を引け!」が優秀賞を受賞。審査員を務めた山崎貴監督は、「シンプルな表現でめまいがするほどの時間を感じさせた」と独特な言い回しで賛辞を送った。また、「ミュージックShort部門」UULAアワードには藤原伊織監督の「しおり」、同部門シネマチックアワードにはKANA-BOONの楽曲を使用した山岸聖太監督の「生きてゆく完全版」が輝いた。

【SSFF&ASIA 2015 受賞一覧】

グランプリ:「キミのモノ」(レザ・ファヒミ監督)

インターナショナル部門優秀賞:「父親」(ロットフィ・アコー監督)

アジア インターナショナル部門優秀賞:「キミのモノ」(レザ・ファヒミ監督)

ジャパン部門優秀賞:「こころ、おどる Kerama Blue」(岸本司監督)

CGアニメーション部門優秀賞:「ベンディートマシンV 引金を引け!」(ジョシー・マリス監督)

ミュージックShort部門 UULAアワード:「しおり」(藤原伊織監督)

ミュージックShort部門 シネマチックアワード:「生きてゆく完全版」(山岸聖太監督)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi