イーサン・ホーク、シェイクスピア劇の映画化に再挑戦した「アナーキー」に自信 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月12日 > イーサン・ホーク、シェイクスピア劇の映画化に再挑戦した「アナーキー」に自信
メニュー

イーサン・ホーク、シェイクスピア劇の映画化に再挑戦した「アナーキー」に自信

2015年6月12日 17:40

再びシェイクスピア劇に挑んだイーサン・ホーク「アナーキー」

再びシェイクスピア劇に挑んだイーサン・ホーク
(C)2014 CYM Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優イーサン・ホークが、シェイクスピア劇の映画化に再挑戦した「アナーキー」について語った。

本作でタッグを組んだホーク、マイケル・アルメレイダ監督は、「ハムレット」(2000)でもシェイクスピアの世界に挑んでいる。キャリアを重ねた今、ホークは「原作が持つエネルギーを今ならより深く理解して、作品として昇華できると思ったんだ。50年代に我々はテレビや映画に自然主義を唱えられ続けて育ってきたから、そうではないシェイクスピアの原作は理解が難しかったんだ。でも今の若者がシェイクスピアの原作と本当の意味でつながることによって、とてもパワフルな体験ができると思う」と自信をのぞかせる。

本作は、原作で描かれる嫉妬や誤解といったテーマを踏襲しつつ、アメリカの衰退した辺地の町に舞台にしたクライムサスペンスとして完成した。ホークは「とても才能があって賢い監督」とアルメイダ監督に最敬礼で、「マイケルが『アナーキー』の企画を僕に持ってきてくれた時、『これはもっと面白い作品になる』と思ったんだ。『アナーキー』は新たに構築し直すことができるストーリーだと思うんだ。なぜなら『アナーキー』は『ハムレット』に比べ、シェイクスピアの中でもあまり知られていない原作だからね」とやりがいを感じていたようだ。

さらにホークは、「アナーキー/シンベリン」をはじめ「冬物語」「テンペスト」といった後期のシェイクスピア作品の魅力を「ロマンチズムとコメディ、そして痛々しいドラマが融合している」点にあると分析。そして「1人の女性に対して男同士が争っていた方が、無事に結ばれているよりも興味が沸くと思う。シェイクスピアはそれを上手く表現している」と語る。

また「シェイクスピアの原作に共通して言えることは、彼の原作はすべて人間がテーマになっていること」と指摘し、「シェイクスピア原作自体が人物造詣とストーリー構成に優れているから、マイケル(監督)が現代のエッセンスを加えることによってもっと楽しい作品に仕上がったと思う」と手ごたえを明かした。

アナーキー」は、ホークのほかエド・ハリスミラ・ジョボビッチダコタ・ジョンソンアントン・イェルチンペン・バッジリーらベテランから若手まで豪華キャストが共演。6月13日から、東京・新宿シネマカリテで開催中の「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015」ほか全国で公開。

ハムレット[Blu-ray/ブルーレイ] ハムレット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥971 監督・脚本・主演と3役をこなした、ケネス・ブラナーによる豪華絢爛な歴史ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi