ハリウッド実写版「AKIRA」に新脚本家 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月10日 > ハリウッド実写版「AKIRA」に新脚本家
メニュー

ハリウッド実写版「AKIRA」に新脚本家

2015年6月10日 12:05

今度こそ実現か?「AKIRA」

今度こそ実現か?
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースによる大友克洋のコミック「AKIRA」の実写映画化企画に、「サン・オブ・アナーキー」「ダ・ヴィンチと禁断の謎」の脚本家マルコ・ラミレスが起用されたと、米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

レオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイと「アメリカン・スナイパー」のアンドリュー・ラザーがプロデュースする本作は、2008年にワーナーが映画化権を獲得して以来、一進一退を繰り返しており、直近では、昨年7月に「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の脚本家ダンテ・ハーパーがプロジェクトに加わった。しかし、メガホンをとる予定のジャウム・コレット=セラ監督(「フライト・ゲーム」「ラン・オールナイト」)は、今年3月上旬、全く進展がないと米Colliderのインタビューで明かしていた。

ゲイリー・ウィッタ版の脚本では、舞台が2019年の人工都市ネオ東京から、終末戦争後の近未来の“ニュー・マンハッタン”に変更されていたが、新たにペンをとるラミレスがこの設定を踏襲するのか、一から脚色し直すのかは不明だ。

なおラミレスは、今年スタートしたネットフリックス版のドラマ「デアデビル」でも数エピソードの脚本を執筆しており、来シーズンでは脚本家チームをまとめる共同ショーランナー(現場責任者)を務めることが決まっている。

AKIRA[Blu-ray/ブルーレイ] AKIRA[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 世界で絶賛された大友克洋監督の傑作『AKIRA』が、HDニューテレシネ&192kHz 24bitオーディオでBlu-ray化!2019年のメガロポリス東京を舞台に、アーミーとゲリラが繰り広げる激しい戦いに巻き込まれていく少年達の姿を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi