清水崇監督のハリウッド進出第3弾「7500」公開決定 飛行機内に広がる恐怖を描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月8日 > 清水崇監督のハリウッド進出第3弾「7500」公開決定 飛行機内に広がる恐怖を描く
メニュー

清水崇監督のハリウッド進出第3弾「7500」公開決定 飛行機内に広がる恐怖を描く

2015年6月8日 13:05

飛行中のジャンボジェットが 怪異現象に襲われる「7500」ポスタービジュアル「呪怨」

飛行中のジャンボジェットが
怪異現象に襲われる「7500」ポスタービジュアル
(C)2014 CBS Films Inc. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 清水崇監督がアメリカで製作した全編英語劇のパニックホラー「7500」が、7月25日から公開されることが決まった。

自身の出世作「呪怨」のハリウッドリメイク版「THE JUON 呪怨」とその続編「呪怨 パンデミック」ですでにアメリカ進出を果たしている清水監督にとっては、自身3作目となるアメリカ映画。前2作は物語の舞台となる日本で撮影が行われたのに対して、今作は全編をアメリカで撮影し、セリフも全て英語になっている。

脚本家のクレイグ・ローゼンバーグによるオリジナル脚本で、様々な事情を抱えた乗客を乗せてロサンゼルスから東京に向けて飛び立ったジャンボジェット7500便が、飛行中に怪異現象に襲われ、乗客が次々と謎の死を遂げていく恐怖を描いている。

清水崇監督らしい怪談テイストも濃厚で、映画はグランドホテル形式で乗客それぞれのドラマを描くところから始まり、ある乗客の不可解な死を引き金に一気にホラーへと転じていく。物語はジャンボジェット機の中だけで進行し、「呪怨」シリーズで一軒家の中だけで様々な恐怖を描きだした清水監督が手腕を発揮。逃げ場のない恐怖を演出しており、「呪怨」の飛行機版ともいえる作品になっているという。

清水監督は「観客が二度と飛行機に乗りたくないと思わせるようにしたいんだ。スピルバーグ監督の『ジョーズ』を見たあとで、海岸に行くのを止めたのと同じようにね」と語っている。

呪怨 パンデミック-ディレクターズカット・スペシャル・エディション-[DVD] 呪怨 パンデミック-ディレクターズカット・スペシャル・エディション-[DVD] 最安価格: ¥3,959 『呪怨』『呪怨2』『THE JUON/呪怨』に続く巨匠清水崇監督による“呪怨”シリーズ!オリジナルストーリーで初めて明らかにされるおぞましき“伽椰子”誕生の秘密!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi