新鋭Yuki Saito監督、長編で勝負!京都&パリ舞台にした新作イン間近 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月6日 > 新鋭Yuki Saito監督、長編で勝負!京都&パリ舞台にした新作イン間近
メニュー

新鋭Yuki Saito監督、長編で勝負!京都&パリ舞台にした新作イン間近

2015年6月6日 05:00

Yuki Saito監督

Yuki Saito監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]新鋭Yuki Saito監督が6月5日、メガホンをとった「あのときのFlavor...」が兵庫・OSシネマズ ミント神戸で開催中の「2015年 神戸三宮映画祭」で上映され、舞台挨拶に立った。

今作は、夢なかばでニューヨークから帰国した娘が、疎遠になっていた父と10年ぶりに再会し愛を確かめ合う物語。高校卒業後に渡米し、ハリウッドで8年間にわたり映画を学んで帰国したSaito監督は千葉県成田市出身。今作の撮影も同所で行われたといい、「主人公のみさきちゃんはブロードウェイで女優になるために10年間もがいて帰国する。僕もハリウッドから帰ってきたので、半分くらいは実体験をまじえています」と語った。

今作には芦名星が主演し、両親役を奥田瑛二宮崎美子が演じている。ベテラン2人の演技には最敬礼の様子で、「奥田さんは3つしかセリフがないけど、存在感を醸し出していて背中で語ってくださった。最初から奥田さんをイメージしていたので、手紙を書いて何度もアタックした」と粘り勝ちだったことを告白。宮崎に対しても、「うちの母をモチーフにしています。地元が舞台だったので、服も借りたくらい。演出という演出はしていません。『そのままいてください』とお願いしました」と思いを馳せた。

現在は長編の新作を準備中だそうで、「ずっと短編や広告、MVなどをやってきましたが、岩井俊二監督、本広克行監督みたいにあこがれの監督になりたい。京都とパリを舞台にしていて、7月中旬からインします。勝負作です!」と意欲をみなぎらせた。

「2015年 神戸三宮映画祭」は、6日まで開催。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi