SABU監督、松山ケンイチの演技を大絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月5日 > SABU監督、松山ケンイチの演技を大絶賛
メニュー

SABU監督、松山ケンイチの演技を大絶賛

2015年6月5日 19:00

「2015年 神戸三宮映画祭」に参加したSABU監督「天の茶助」

「2015年 神戸三宮映画祭」に参加したSABU監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]松山ケンイチの主演最新作「天の茶助」が6月5日、兵庫・OSシネマズ ミント神戸で開催中の「2015年 神戸三宮映画祭」で上映された。この日はSABU監督が舞台挨拶に立ち、松山の演技を絶賛。「うさぎドロップ」でも仕事をしているが、「狂気をはらんだ演技ができますし、かわいらしいところもいっぱい持っています」とアピールした。

SABU監督が自らの書き下ろし小説を映画化した今作は、天界に人間の人生や運命のシナリオを書く脚本家たちが存在したという設定。脚本家のお茶くみ係である茶助(松山)は、自らの不用意な発言のせいで、沖縄に住む少女ユリ(大野いと)のシナリオが交通事故死する運命に書き換えられてしまったことを知り、ユリを救うために沖縄へと降り立つ。

今作には8度目のタッグとなる大杉漣も出演するが、「普段から連絡をくれたりするんですよ。大事な時にかかってくるので、脚本につけ加えています」と関係性を明かし、客席の笑いを誘っていた。ロケ地・沖縄には4年前から住んでいるそうで、「脚本化していくなかで、沖縄は面白いなと思うようになった。面白い祭がいっぱいあるんです」と魅力を説明した。

第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に選出された今作には、松山、大野、大杉のほか寺島進田口浩正伊勢谷友介玉城ティナらが出演している。雨模様のため空席を見つけたSABU監督は、「ベルリンでは30分で2000人の客席が売り切れたのに。もっと剃ってくれば良かったかな」と頭部をさすり、場内を盛り上げた。映画は、6月27日から全国で公開。「2015年 神戸三宮映画祭」は、6日まで開催。
*checkit http://eiga.com/news/20150531/10/ 大友克洋天の茶助」小説の表紙イラスト担当!SABU監督も感激しきり

うさぎドロップ[Blu-ray/ブルーレイ] うさぎドロップ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,074 宇仁田ゆみ原作のコミック『うさぎドロップ』が実写映画化!松山ケンイチ×香里奈×芦田愛菜 豪華共演で贈る、とびきりハートウォーミングな物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi