ジョージ・ミラー監督のこだわりを出演陣が証言「マッドマックス」最新作の特別映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月3日 > ジョージ・ミラー監督のこだわりを出演陣が証言「マッドマックス」最新作の特別映像公開
メニュー

ジョージ・ミラー監督のこだわりを出演陣が証言「マッドマックス」最新作の特別映像公開

2015年6月3日 10:00

ジョージ・ミラー監督が約8年3カ月ぶりに来日決定!「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

ジョージ・ミラー監督が約8年3カ月ぶりに来日決定!
(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オーストラリア出身の映画監督ジョージ・ミラーが、シリーズ最新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」をひっさげて来日することを記念し、狂気の世界観を再びスクリーンに焼き付けたミラー監督をフィーチャーした特別映像が公開された。主演のトム・ハーディをはじめ、シャーリーズ・セロンニコラス・ホルトら出演者のコメントから、監督の妥協なきこだわりが伝わってくる映像だ。

荒廃した近未来世界を舞台にしたバイオレンスアクション大作で、前3作に主演したメル・ギブソンに代わり新マックスに起用されたハーディは、「斬新なカーチェイス映画を生んだジョージ・ミラーが、再び世界を震わせた」と語る。半年以上にわたる撮影は、数々の改造車を爆破し、キャストを高所につるすなどマッドな試みの連続だった様子。自身も逆さづりにされたハーディは、「ジョージが僕らにやらせることは……イカレてる」と本音を明かしつつ、「でも、仕上がりは最高だ」と巨匠を仰ぎ見た。

オスカー女優のセロンは、「ずっと動き続ける設定でのストーリー展開は、とても難しいもの。でも、ジョージはやってのける」と絶大な信頼を寄せ、「ジョージが作った世界は、今までのファンも、若い世代も魅了する」と断言する。ミラー監督とは35年来の付き合いで、シリーズ3作目「マッドマックス サンダードーム」(1985)以降のほぼ全てのミラー作品で製作を務めてきたプロデューサーのダグ・ミッチェルも、「ジョージは一度も楽な道を選んだことはない」と揺るぎない姿勢を称賛した。

この映像ではキャストたちのコメントともにメイキング風景が映し出され、アフリカのナミビア砂漠でクレーンや超小型カメラを駆使して撮影する様子や、身振り手振りを交えて演出するミラー監督の姿が確認できる。さらに監督本人も、約12年前に飛行機で移動している最中に本作の構想を思いついたというエピソードを披露する。

ミラー監督が来日するのは、アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した「ハッピー フィート」のプロモーションで来日した2007年3月以来、約8年3カ月ぶり。6月4日に東京都内で行われるジャパンプレミアに出席するほか、翌5日は会見に臨む予定だという。

マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、6月20日から東京・新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国で公開。

【初回限定生産】マッドマックス トリロジー スペシャル・バリューパック[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】マッドマックス トリロジー スペシャル・バリューパック[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,916 暴走族に愛する妻子を惨殺され、復讐の炎に燃える元警察官を描いた、メル・ギブソン主演によるバイオレンスアクション「マッドマックス」3部作を収録したBlu-rayスペシャル・バリューパック。
ハッピー フィート[Blu-ray/ブルーレイ] ハッピー フィート[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥771 ひとりぼっちになったマンブルの自分探しの大冒険が今始まる。アカデミー賞 長編アニメ賞受賞。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi