20世紀フォックス、家庭向けソフトをすべて4K、HDRに対応 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月29日 > 20世紀フォックス、家庭向けソフトをすべて4K、HDRに対応
メニュー

20世紀フォックス、家庭向けソフトをすべて4K、HDRに対応

2015年5月29日 07:30

[映画.com ニュース] 20世紀フォックスが他のメジャースタジオに先駆けて、家庭向け映画ソフトをすべて4K、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応させることになったと、ハリウッド・レポーターが報じた。

同社は新作映画をすべてフルハイビジョンの4倍の画素数となる4K、しかも通常よりも明度差が広いHDRに対応させると発表。カメラが捉えた広いダイナミックレンジをそのまま再現するHDR技術は、3Dや可変フレームレート(HFR)などに次ぐ映像革命として注目を集めている。

映画ではドルビーが「ドルビー・ビジョン」というHDRのフォーマットを確立。ジョージ・クルーニー主演のSF映画「トゥモローランド」を皮切りに、「インサイド・ヘッド」などのウォルト・ディズニー作品がドルビー・ビジョン対応劇場で上映されることになる。

テレビに関しては4Kの技術仕様を統一するために作られた「UHDアライアンス」が、HDRの規格も制定することになるという。同団体には、ドルビーやテクニカラー、パナソニック、ソニー、ディズニー、20世紀フォックス、ディレクTV、ネットフリックスなどが参加している。今後は、HDR機能が4Kテレビとセットとなって販売されることになりそうだ。

なお、20世紀フォックスは、今年中にHDRに対応した次世代ブルーレイを販売するという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi