菊地凛子、演じることの“痛み”を吐露「楽しいと言いつつやるのも努力」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月29日 > 菊地凛子、演じることの“痛み”を吐露「楽しいと言いつつやるのも努力」
メニュー

菊地凛子、演じることの“痛み”を吐露「楽しいと言いつつやるのも努力」

2015年5月29日 14:46

音楽活動と女優業を比較して語った菊地凛子「THE COCKPIT」

音楽活動と女優業を比較して語った菊地凛子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優・菊地凛子が5月28日、都内で行われた映画「THE COCKPIT」の公開記念イベントに出席。同作の三宅唱監督とともに、「クリエイションの悦びと憂鬱」と題したトークショーに臨んだ。

菊地は、昨年12月に菊地成孔プロデュースのアルバム「戒厳令」でミュージシャンデビューを果たしたことから、音楽活動について言及。「音楽はキーをとる、テンポが難しいとか、そういう苦労はあっても痛みがない。何せ楽しくて、こんなことやっていたら究極じゃんこの人たちと思った。距離とかテンポとか、音楽が心底体の中にある気がしてきた。そこがわかっただけ、私はアルバムを出してよかった」と持論を展開した。

一方で、「映画は楽しいと言いつつ痛みを伴うんですよ。演じるということなのか、カメラと個人的なぶつかりがあるから暴力に感じるのか、とか説があります」と演じることの苦労を告白。それでも、「憂うつにやり続けることも、楽しい楽しいと言いつつやるのも努力だと思う。監督や女優という役割をやり続ける憂うつ感もあったり。『THE COCKPIT』を見て、そういう憂うつとかもあるだろうなという人たちが出てきますが、『あるけど、やり続ける以外特にないよね』みたいな感じが終始ある」と映画からの教訓を説いていた。

またこの日は、イベント前に三宅監督作「無言日記/201466」を上映。同作は三宅監督が1日のある瞬間をiPhoneで切り取り、その動画をつなげて完成した作品で、菊地は「そこからストーリーが始まりそうな(日常の)シーンがいっぱい出てくる。あれだけで想像力がかきたてられるから、それだけでお腹がいっぱいになる。どこかハマる映像が新しいし、どこか懐かしい普遍的なものも感じるし、すごい良かったですね」と手放しで絶賛した。

さらに三宅監督は、「無言日記/201466」の製作経緯を「人に撮れと言われたんですよ」とジョーク交じりに明かしながらも、「やっているうちに理由とか関係なく、楽しくなってきちゃったんですよ」と話した。アイデアを借りれば誰でも挑戦できる作品だが、「誰も『無言日記』をマネしてくれない。他の人のを見たいんですよね」とぼやくと、菊地は「ちょっとやってみたいと思った。そう思っている人たくさんいると思いますよ」と大きくうなずいていた。

THE COCKPIT」は、ヒップホップユニット「SIMI LAB」のOMSBと「THE OTOGIBANASHI'S」のbimが、小さな部屋で楽曲を共同制作する過程をとらえたドキュメンタリー。5月30日から東京・渋谷のユーロスペースでレイトショー公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi