大島優子の笑顔から悩み顔まで全網羅!主演作「ロマンス」予告編が完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月29日 > 大島優子の笑顔から悩み顔まで全網羅!主演作「ロマンス」予告編が完成
メニュー

大島優子の笑顔から悩み顔まで全網羅!主演作「ロマンス」予告編が完成

2015年5月29日 06:00

大島優子がロマンスカー アテンダントを演じる「ロマンス」「ロマンス」

大島優子がロマンスカー
アテンダントを演じる「ロマンス」
(C)2015 東映ビデオ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大島優子がロマンスカーアテンダントを演じ、箱根の景勝地をめぐる小さな旅に出る姿を描く主演作「ロマンス」の予告編が完成した。

同作は、「ふがいない僕は空を見た」「四十九日のレシピ」と近年は小説原作の映画を手がけてきたタナダユキ監督が、「百万円と苦虫女」以来7年ぶりのオリジナル脚本で挑む意欲作。「紙の月」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞するなど、「AKB48」卒業後、女優としての活動に注目が集まる大島が、6年ぶりの実写映画主演を果たした。

東京と箱根を結ぶ小田急電鉄の特急ロマンスカーでアテンダントとして働く北條鉢子(大島)は、車内で出会った映画プロデューサーを名乗る怪しげな中年男・桜庭(大倉孝二)に、母親からの手紙を読まれてしまう。桜庭に背中を押された鉢子は、もう何年も会っていない母親を探すことになり、かつて家族で訪れた箱根の景勝地を桜庭とともにめぐっていく。

予告編は、ロマンスカーで車内販売をする鉢子の姿からスタート。クランクイン前、車内販売の際の動き方や発声方法などを調べ、自主的に練習していたという大島のアテンダントとしての堂に入った演技を確認することができる。

続けて、ひょんなことから桜庭と出会い、2人が箱根の景勝地をめぐる旅に出ていく過程が軽快に描かれていく。大島は、鉢子が自身と同じ26歳という設定であることから「この年齢になるとなぜか前に踏み出す勇気が持てず、怖くなることがあります。そういう気持ちを抱いている鉢子にとても共感しました」という。

予告編でも、旅の中で笑顔を見せたかと思えば、「迷ってばっかりだ」と悩む姿も見られるなど、鉢子のさまざまな表情が映し出されていく。大島は「劇中では『これ大丈夫かな!?(笑)』と思うくらいのぐちゃぐちゃな顔や無防備な姿、とびっきり楽しい表情や切ない感情などたくさん引き出していただきました」と語っている。

ロマンス」は8月29日から全国公開。

四十九日のレシピ[Blu-ray/ブルーレイ] 四十九日のレシピ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,453 NHKドラマとしても放映された伊吹有喜原作の小説を、『ふがいない僕は空を見た』などのタナダユキ監督が映画化した感動作。
百万円と苦虫女[DVD] 百万円と苦虫女[DVD] 最安価格: ¥3,798 百万円を貯める度に引越しをし、その行く先々の街で様々な人々と出会い、笑ったり、怒ったり、また恋をしながら自身の生き方を模索する一人の女性を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi