「南くんの恋人」11年ぶりにTVドラマ化!中川大志&山本舞香が共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月27日 > 「南くんの恋人」11年ぶりにTVドラマ化!中川大志&山本舞香が共演
メニュー

「南くんの恋人」11年ぶりにTVドラマ化!中川大志&山本舞香が共演

2015年5月27日 10:00

新「南くんの恋人」は中川大志(左)&山本舞香の共演「映画 暗殺教室」

新「南くんの恋人」は中川大志(左)&山本舞香の共演
(C)Shungicu Uchida(C)「南くんの
恋人~my little lover」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] もしも恋人が身長16センチになってしまったら……という奇想天外な設定で多くの読者の妄想をかき立てた人気漫画「南くんの恋人」が、11年ぶりにテレビドラマ化されることが決定。南瞬一役でドラマ初主演を務めるのは、「家政婦のミタ」「水球ヤンキース」といったテレビドラマで人気急上昇中の若手俳優・中川大志。幼なじみの堀切ちよみ役を、「映画 暗殺教室」や「Zアイランド」など話題作に続々と出演している、モデルで女優の山本舞香が演じる。

高校3年生の南くんと突然身長16センチになってしまった堀切ちよみの恋と同棲生活を描いたラブストーリー。原作は1986~87年に「月刊漫画ガロ」で連載された内田春菊氏の同名漫画で、90年に工藤正貴石田ひかり、94年に武田真治高橋由美子、04年に二宮和也深田恭子でドラマ化されている。

今回の「南くんの恋人~my little lover」では、原作でおっとりとした性格だった南くんが、学力優秀で超イケメンのキャラクターに大変身。連載当時、賛否両論を巻き起こした衝撃の結末とは異なるラストシーンが用意されているという。

主演の中川は「嬉しさと共にプレッシャーも感じていますが、今回は原作とは一味違う新しい南瞬一を、自分なりに演じたいと思います」と語り、「リアルな恋模様を作れるように頑張りたい」と意気込む。一方、「普通の大きさの人と比べて、小さくなったちよみの生活がどれだけ大変なのか監督と相談しながら演じています」という山本は、ダンスの練習にも励んでいる様子。「ダンスは初めてなので足を引っ張らないように頑張ります! 小さいちよみの不思議な生活や南くんとの関係を楽しみにしていてください」とアピールした。

スタッフには、大ヒットドラマ「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」の監督・小中和哉と脚本家・新井友香が再集結。原作者の内田氏は、「いただいた台本を読んでいて、現実にはむずかしいからこそ愛を誓うことが大切なのだということを痛感し、しみじみと感動(反省を含む)しました。とてもロマンチックで感動的な仕上がりになるはずですので、みなさんどうぞお楽しみに」とコメントを寄せた。

イケメンで成績優秀な南瞬一と、ムードメーカーでダンスが好きな堀切ちよみは、隣家に住む幼なじみで初恋の仲だったが、南の父親が失踪したことをきっかけに数年間まともに口を利いていなかった。そんなある日、進路をめぐり両親とけんかして家を飛び出したちよみ。雨宿りをしながら「幼い頃に戻りたい」と願うと、突風と落雷が起き、突然体が小さくなってしまう。そんなちよみを偶然見つけた南は、「誰にも知られたくない」という彼女の願いを聞きいれ、自宅へ連れて帰る。不思議な同棲生活が始まり、徐々にふたりの距離は縮まっていく。

「南くんの恋人~my little lover」は、2015年フジテレビで放送予定。

「暗殺教室」Blu-ray初回生産限定版 1[Blu-ray/ブルーレイ] 「暗殺教室」Blu-ray初回生産限定版 1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,132 「週刊少年ジャンプ」で連載され瞬く間に人気となった松井優征のコミックを、『海猿』シリーズなど羽住英一郎が映画化したアクションコメディー。
イタズラなKiss2~Love in TOKYO<ディレクターズ...[Blu-ray/ブルーレイ] イタズラなKiss2~Love in TOKYO<ディレクターズ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥11,090 元祖ツンデレ男子&ラブコメディの決定版コミック“イタキス”実写ドラマのシーズン2が登場!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi