染谷将太3年越しの主演作「ソレダケ」公開に感慨「この映画こそ映画館で」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月27日 > 染谷将太3年越しの主演作「ソレダケ」公開に感慨「この映画こそ映画館で」
メニュー

染谷将太3年越しの主演作「ソレダケ」公開に感慨「この映画こそ映画館で」

2015年5月27日 19:40

共演した水野絵梨奈と染谷将太「ソレダケ that's it」

共演した水野絵梨奈と染谷将太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・染谷将太の主演映画「ソレダケ that’s it」が5月27日、全国で初日を迎えた。染谷は共演の水野絵梨奈渋川清彦村上淳石井岳龍監督とともに、公開を記念した“爆音上映会”が開催された都内のライブハウスで舞台挨拶を行った。

ロックバンド「ブラッドサースティ・ブッチャーズ」のリーダー・吉村秀樹さんからラブコールを受けた石井監督が、ライブ映像とドラマを融合させた映画作りを企画。2013年のこの日に吉村さんが急逝し、一度はとん挫しそうになったが、石井監督が遺志を引き継ぐ形で同バンドの楽曲を用いた“ロック映画”として構築し直した。

最初の企画段階からオファーを受けていた染谷は、「石井監督が久しぶりにロック映画を撮りたいと言って、自分が呼ばれたのがうれしかった。吉村さんのことがあっても、力強く違った形で作り上げてくれた。これはすごいことだと思う」と感激の面持ち。映画では全編にわたって疾走シーンがあり、「ひたすら体力作りをしてと言われたけれど、こういう形で初日を迎えられてうれしい」とかみしめるように話した。

それを受けた石井監督は、「結局、真夏の一番暑い時の撮影になったので、とにかく走りますよとは皆に言った。けっこうハンパないことをやっています」と苦笑しつつも満足げ。そして、「感慨深いというか、ひと言では言い表せない気持ち。ホッとしたのと同時に、ここから始まる。見ていただくことで、その戸を開けたい」と訴えた。

だが、石井監督に「もともと体力はある」として最も洗礼を受けたのがヒロインの水野。「いろんな重いものを体にまといながら、(高さ)40メートルくらいのらせん階段を駆け上がったんです。私は高所恐怖症なので死の危険を感じて、体力もメンタルも尽きました」と表情をゆがませていた。

初日を祝い、吉村さんが好きだった焼ちゅう「いいちこ」のタルをギターで割る鏡抜きも敢行。染谷は、「映画は映画館で見てほしいとよく言いますが、この映画こそと思う。この映画の勢い、人が放つエネルギーを感じてほしい」と力強く話していた。

ソレダケ that’s it」は、戸籍を奪われた青年が底辺の生活から抜け出すために裏社会に身を投じ、あらがいながら自身の宿命と向き合っていく姿を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi