鈴木亮平、実写映画化「俺物語!!」に主演!体重30キロ増で気合のクランクイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月26日 > 鈴木亮平、実写映画化「俺物語!!」に主演!体重30キロ増で気合のクランクイン
メニュー

鈴木亮平、実写映画化「俺物語!!」に主演!体重30キロ増で気合のクランクイン

2015年5月26日 05:00

5月20日に撮入した「俺物語!!」

5月20日に撮入した「俺物語!!」
(C)アルコ・河原和音/集英社
(C)2015映画「俺物語!!」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気俳優の鈴木亮平が、累計発行部数350万部を突破する人気少女漫画を河合勇人監督のメガホンで実写映画化する「俺物語!!」に主演し、主人公の剛田猛男に扮していることがわかった。原作での設定が身長2メートル、体重120キロという屈強な肉体の持ち主のため、ストイックな役作りに励むことで知られる鈴木は自らトレーニングプランを作成。徹底したカロリーコントロールにより、体重30キロの増量を成功させた。

原作・河原和音、作画・アルコによる「俺物語!!」は、2012年1月号から「別冊マーガレット」で連載がスタートした。高校生に見えない超いかつい顔面と屈強な肉体をもつ男が主人公を務める少女漫画は瞬く間に話題となり、13年に「このマンガがすごい!」オンナ編第1位に輝くと、同年に講談社漫画賞少女部門を受賞。15年4月期からは、2クールの連続アニメとして放送中だ。

NHK連続テレビ小説「花子とアン」で見せた包容力のある誠実なキャラクターから、「HK 変態仮面」「TOKYO TRIBE」で演じた狂気のマッチョ役まで、心身を駆使して体現してきた鈴木が、かねて切望していたラブコメ主演に挑む。見た目に反して純情で優しい心根を持つ猛男を演じる鈴木は、「皆さんが持っている猛男へのイメージを裏切りたくないという思いが強い」ときっぱり。そして「猛男には、人の幸せのためなら自分を犠牲にしてでもすぐに体が動くという優しさがあって、そこが猛男の男らしさなのだと思います。猛男のそうした“男の中の漢”の部分をしっかり表現していきたいです」と意気込む。

撮影は、5月20日にクランクイン。鈴木のほか、猛男が一途に思いを寄せるピュアな女子高生・大和凛子に新星・永野芽郁、イケメンでクールな性格だが猛男と無二の親友の間柄である砂川誠に坂口健太郎(「海街diary」「ヒロイン失格」)が扮する。15歳の猛男を演じる32歳の鈴木は、「坂口君とは8つ違い、永野さんとは17歳も違うのですが、初日からワイワイ、同級生のように盛り上がっています! 砂川との友情に、大和への恋心……。原作同様、皆さんをキュンキュンさせたいです!」と話している。

街中でしつこくナンパされているところを猛男に助けられる凛子役の永野は、自らの役どころを「少し変わった子かなとも思うのですが、実は自分も少し変っていると言われることがあるので、演じやすいのかもしれません(笑)」と説明。撮入当初は緊張したそうだが、「皆さん優しく話しかけてくださって、緊張がほぐれましたし、現場がすごく楽しいです!」と明かす。坂口も、「この作品自体がとてもあたたかい作品なのですが、現場もすごくあたたかくて、楽しみながら映画のことを考えられています。原作の魅力を、映画でさらに高められるように頑張ります!」と共闘を誓った。

映画は、豪傑・硬派な純日本男児でありながら、その風貌と不器用さで女子から恐れられている猛男の姿を通して、本当の“格好よさ”とは何なのかを問いかける異色作。しつこくナンパされる凛子を救った猛男はその場で一目ぼれしてしまうが、再会した後日、ふとした事で凛子が砂川のことを好きだと気づいてしまう。落ち込みながらも仲を取り持とうとする猛男の一途な恋の行方に注目が集まる。

メガホンをとる河合監督は、「鈴木亮平さんの作りこんだ肉体・メイクで演技を見たら、まさに猛男がそこにいました! ラブコメもあり、アクションの要素もある。キュンキュンして泣けて、ワクワクドキドキする、いいとこどりの飽きさせない作品にしたいです」とコメントを寄せている。なお、脚本は「アイアムアヒーロー」の野木亜紀子が執筆。6月下旬にクランクアップを予定。

俺物語!!」は、10月31日から全国で公開。

TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブ[Blu-ray/ブルーレイ] TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,467 漫画家・井上三太の代表作として知られ、アニメ化もされた「TOKYO TRIBE2」を鬼才・園子温監督が実写映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • シン・ゴジラの評論 シン・ゴジラ 日本ゴジラは庵野秀明成分・高純度でハリウッド版を攻め打つ!!
  • ターザン:REBORNの評論 ターザン:REBORN ヒーロー映画の源流となった名キャラクターが、21世紀に適応進化
  • めぐりあう日の評論 めぐりあう日 詩人A・ブルトンの言葉が引かれる時、波の感触が観客の胸をもやわらかに揺らすだろう
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社ツイン

映画をヒットさせる仕掛け人募集!

職種宣伝プロデューサー

株式会社AWAKE

好きを仕事に出来るチャンスです!一緒に感動を作りましょう!

職種映画WEB宣伝パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi