菅田将暉、NHKドラマでバイオリン&落語&ギターを披露!バンド結成に意欲も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月21日 > 菅田将暉、NHKドラマでバイオリン&落語&ギターを披露!バンド結成に意欲も
メニュー

菅田将暉、NHKドラマでバイオリン&落語&ギターを披露!バンド結成に意欲も

2015年5月21日 19:10

さだまさしの自伝的小説を、菅田将暉主演でドラマ化

さだまさしの自伝的小説を、菅田将暉主演でドラマ化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]さだまさしの自伝的小説を、菅田将暉主演でドラマ化した「ちゃんぽん食べたか」の試写会が5月21日、東京・渋谷区のNHKであり、さだや菅田のほか共演の本郷奏多間宮祥太朗泉澤祐希森川葵が出席した。

昭和40年代初頭の東京を舞台に、長崎から上京したバイオリン弾きの少年が、安保闘争などの社会情勢により挫折を味わいながらも、周囲の人々と心を通わせ成長していく姿を描く。さだ自身の半生を下敷きにしているため、主人公・佐野雅志を演じた菅田は「『事実は小説より奇なり』というか、こんなに面白いことがたくさん起こるんだと思いました」と当時の様子に思いを馳せていた。

さらに菅田は、ドラマではさまざまな事柄に挑戦し、八面六臂の活躍を見せている。「こんなに毎日が発表会のような現場はないです。落語、バイオリン、弾き語りをしたり、方言もあります」と話し、「この仕事をしていないと、さださんや皆と出会うこともなかったですし、音楽と出会うとも思わなかった。僕の親父がさださんに憧れている世代で、毎日家で弾き語りをしている姿を見ていたので、そこをイメージしながら楽しくやらせていただきました」としみじみ振り返った。

また劇中で、雅志は高校の同級生らとともにフォークデュオを結成。それだけに菅田は、撮影の合間に「バンドメンバーと、劇中で関係ない曲をやっていたりとかしていました。お芝居をしている身なので、自分がギターを弾いた音に、ドラムやベースの音が重なるという感動がなかったので、それだけでずっと面白かったですね」とニッコリ。さだから「バンドやった方がいいよ、『ちゃんぽんず』で!」と背中を押されると、「本当ですね、やりたいですよ」と意欲を見せていた。

前作「かすていら」に続き、自身の半生がドラマ化されたさだは、原作と異なる展開を見せる今作に「原作者でありながら、この物語の行く末がわかりません。楽しみに毎週見させてもらいます」と期待。そして菅田に対しては「非常に優秀な役者さんだと認識していました。あと、『菅田将暉』と『さだまさし』はちょっと似ていますから、うれしい感じがしますね」と太鼓判を押していた。

「ちゃんぽん食べたか」は、5月30日からNHKで毎週土曜午後10時放送開始。全9話。なお原作「ちゃんぽん食べたかっ!」は、同日に1500円(税抜き)で発売。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi