AKIRA「マッドマックス 」吹き替えは「酸欠になるほど大変だった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月20日 > AKIRA「マッドマックス 」吹き替えは「酸欠になるほど大変だった」
メニュー

AKIRA「マッドマックス 」吹き替えは「酸欠になるほど大変だった」

2015年5月20日 20:30

公開アフレコを行ったAKIRA「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

公開アフレコを行ったAKIRA
[拡大画像]

[映画.com ニュース] EXILEのAKIRAが5月20日、人気アクションシリーズ30年ぶりの最新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」日本語吹き替え版の公開アフレコを、都内で行った。

主人公のマックス役で映画声優初挑戦となったAKIRAは、「とてもセリフが多かった上に、アクションシーンで吐く息だとか、敵に攻撃された時の叫びだとかが難しくて、思いのほか体力を使いました。いつも鍛えているのですが、酸欠になりかけたこともありました」と吐露。さらに、「映画の世界観を引き立たせたり、マックスのキャラクターを日本の皆さんに分かりやすく伝えることを心がけながらアフレコを行いました」と語った。

マックスを演じたトム・ハーディについては、「以前から好きな俳優の1人。予想のつかない演技をするところが魅力であり、尊敬している理由です」と最敬礼。その上で「ハーディの声はとても低いのですが、僕は彼ほどの渋さはないので、ファンの方々のイメージが崩れないように、見に来てくれる人の年齢層を上げられるように、気を使いながら声をあてました」とアフレコ時の苦労を語った。

声優決定の際、「今はだた興奮しています」と話していたAKIRAは、「今の世の中、誰しも悩みや辛さを抱えながら生きていると思いますが、僕は本作を見て、光を探しながら暗闇の中をひたすら走っていくマックスの生き方に勇気と元気をもらいました。また女性の強さも描かれている稀有なアクション映画なので、ぜひ女性にも見てもらいたいです」と力強い口調で映画の魅力をアピールした。

本作は、「マッドマックス サンダードーム」(1985)以来30年ぶりとなるシリーズ第4作。資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した近未来世界を舞台に、妻子を殺され荒野をさまよう元警官マックス(トム・ハーディ)が、女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)らとともに、砂漠を支配する凶悪なイモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)の軍団に戦いを挑む姿を描く。

マッドマックス 怒りのデス・ロード」は6月20日公開。

【初回限定生産】マッドマックス トリロジー スペシャル・バリューパック[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】マッドマックス トリロジー スペシャル・バリューパック[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,916 暴走族に愛する妻子を惨殺され、復讐の炎に燃える元警察官を描いた、メル・ギブソン主演によるバイオレンスアクション「マッドマックス」3部作を収録したBlu-rayスペシャル・バリューパック。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi