唐沢寿明「日本人として恥ずかしくないように」演じた「杉原千畝」に手ごたえ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月19日 > 唐沢寿明「日本人として恥ずかしくないように」演じた「杉原千畝」に手ごたえ
メニュー

唐沢寿明「日本人として恥ずかしくないように」演じた「杉原千畝」に手ごたえ

2015年5月19日 15:54

杉原千畝を演じる唐沢寿明「杉原千畝 スギハラチウネ」

杉原千畝を演じる唐沢寿明
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の唐沢寿明小雪が夫婦役で共演する「杉原千畝 スギハラチウネ」の製作報告が5月19日、都内で行われ、唐沢、小雪をはじめ、ボリス・スジックアグニェシュカ・グロホウスカ、エグゼクティブプロデューサーの奥田誠治氏、プロデューサーの飯沼伸之氏、チェリン・グラック監督が会見に臨んだ。

千畝を演じた唐沢は、「珍しく現場でシリアスでした(笑)」と明かし、「本当に千畝さんが何を考えていたのか、あの時代になぜそのようなことができたのかは誰にも分からない。多少違う部分もあるかもしれませんが、同じ日本人として恥ずかしくないように演じようと思ってやっていました」と真摯に語った。

この日が第3子妊娠後初の公の場となった小雪は、ワンピース姿で登場。千畝の妻・幸子を演じ、劇中でも3人の子どもの母親となったことを実生活と重ね、「(母として)強くならざるを得ない」と凛とした母の顔を見せた。「自分ひとりで生きてきたような錯覚に陥るが、親がいて、周りがいて、いろんなことを感じたり、我慢したり、苦労しながら、みんなの力を借りて生きてこられたんだなと痛感しています」と周囲の支えに感謝を述べた。

映画は、第二次世界大戦中6000人にのぼるユダヤ難民の命を救った実在の外交官・杉原千畝の半生を、東京、ワルシャワをはじめ、カウナス(リトアニア)、ブカレスト(ルーマニア)、ベルリン(ドイツ)、ウラジオストク(ロシア)、ソビエト連合、満州国、アメリカなどを舞台に、壮大なスケールで描く。

杉原千畝 スギハラチウネ」は、12月5日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi