「東ベルリンから来た女」監督の新作公開!収容所から生還した妻と、変貌した妻に気づかない夫の愛を描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月19日 > 「東ベルリンから来た女」監督の新作公開!収容所から生還した妻と、変貌した妻に気づかない夫の愛を描く
メニュー

「東ベルリンから来た女」監督の新作公開!収容所から生還した妻と、変貌した妻に気づかない夫の愛を描く

2015年5月19日 14:30

「あの日のように抱きしめて」ポスター画像「東ベルリンから来た女」

「あの日のように抱きしめて」ポスター画像
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2012年ベルリン国際映画祭銀熊賞作「東ベルリンから来た女」の監督と主演のトリオによる、愛を描いた新作「Phoenix(原題)」が、邦題「あの日のように抱きしめて」として8月に公開される。

1945年のベルリンで、強制収容所から生還した妻と、変貌した妻に気づかない夫の再会により、心の傷があぶり出された夫婦の愛の行方をサスペンスフルに描く。クリスティアン・ペッツォルト監督が、「東ベルリンから来た女」に続き、ニーナ・ホスロナルト・ツェアフェルトを物語の軸となるカップルとして起用した。

1945年6月、ネリーは顔に大ケガを負いながらも、強制収容所から奇跡的に生還し、顔の再建手術を受ける。夫ジョニーと再会するが、ジョニーは容貌の変わったネリーが妻だと気づかず、収容所で死んだ妻(ネリー)の遺産を山分けしようと、提案する。夫が自分を愛していたのか、それとも裏切ったのかを知るために、ネリーは自分自身の偽物になりすます。

あの日のように抱きしめて」は8月、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開。

東ベルリンから来た女[DVD] 東ベルリンから来た女[DVD] 最安価格: ¥3,175 秘密警察による監視体制下の東ドイツで葛藤する、女性の運命の決断を描き切った渾身作。自由と使命に揺れるひとりの女性を描く重厚な人間ドラマ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi