菊地凛子、主演ドラマ「夢を与える」で初主題歌「夢を与えられた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月14日 > 菊地凛子、主演ドラマ「夢を与える」で初主題歌「夢を与えられた」
メニュー

菊地凛子、主演ドラマ「夢を与える」で初主題歌「夢を与えられた」

2015年5月14日 20:30

犬童一心監督、小松菜奈、菊地凛子「渇き。」

犬童一心監督、小松菜奈、菊地凛子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の小松菜奈菊地凛子が主演するWOWOW「連続ドラマW 夢を与える」の完成披露試写会が5月14日、都内のホールで行われた。

芸能界でブレイクした少女と、ステージママとして娘に過剰な愛情を注ぐ母親の関係を軸にした内幕もの。小松も、昨年の映画「渇き。」でデビューし一気にブレイクしたが、「役が自分に近くて、難しい部分もあった。母親に反発して大声を出すことが多かったんですけれど、私ってこんなに声が出るんだという新しい発見がありました」と振り返った。

一方の菊地は、母親役として32~48歳を演じ「こんなに大きい娘がいる母親は初めてだったけれど、幅広くやっていくとてもいい経験ができて役者みょう利に尽きる」と満足げ。「Rinbjo」名義で主題歌「dIS de rEAm」も担当しており、「自分が女優として出演している作品の主題歌をやりたいと思っていたらお話をいただいた。まさに“夢を与えられた”と思いました」とうれしそうに話していた。

犬童一心監督は、2007年に芥川賞作家・綿矢りささんの原作が出版された直後に映像権を獲得したそうだが、「皆に嫌がられて、撮るのが難しかった」と苦笑い。それでも、「綿矢さんがシナリオを気に入ってくれて、待ってくれた。やっと見せられることになって、本当にうれしい」と感慨深げだった。

「夢を与える」は、母親の薦めたオーディションで芸能界入りした娘が、大手プロダクションに引き抜かれ一気にブレイク。作られたイメージと自身のギャップに思い悩むようになるが、母親による過度な干渉によってすべての歯車が狂い出していく重厚な人間ドラマ。5月16日スタートで毎週土曜午後10時から放送(全4回)。

渇き。 Blu-rayプレミアム・エディション〈2枚組+サントラ...[Blu-ray/ブルーレイ] 渇き。 Blu-rayプレミアム・エディション〈2枚組+サントラ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,727 大論争を巻き起こした、中島哲也監督による衝撃のサスペンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi