人生をシュールに描く「さよなら、人類」板尾創路ナレーションの予告編&ポスター画像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月12日 > 人生をシュールに描く「さよなら、人類」板尾創路ナレーションの予告編&ポスター画像公開
メニュー

人生をシュールに描く「さよなら、人類」板尾創路ナレーションの予告編&ポスター画像公開

2015年5月12日 10:00

「さよなら、人類」ポスター画像「さよなら、人類」

「さよなら、人類」ポスター画像
(C)Roy Andersson Filmproduktion AB
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スウェーデンの鬼才ロイ・アンダーソン監督が第71回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した最新作「さよなら、人類」の絵画を思わせるような風合いのポスター画像と、板尾創路がナレーションを担当した予告編が公開された。

今作はブラックユーモアとローテク映像で描かれた異色作「散歩する惑星」「愛おしき隣人」に続く“リビング・トリロジー3部作”の最終章で、構想に15年間、撮影に4年間を費やした意欲作。面白グッズを売り歩く冴えないセールスマンコンビのサムとヨナタンが、何をやってもうまくいかない人たちの人生を目撃する様子を描く。

板尾が自ら監督、出演した作品以外の予告編ナレーションに挑戦したのは今回が初。アンダーソン監督の「散歩する惑星」(03)を見て、「この監督すごいなと思っていました」といい、今作も「ツボにはまったら、腹筋が痛くなると思います。美術館でみている絵画が動きだし、喋りだすという感覚で見て頂ければいいかなと思います。本当に贅沢ないい映画です」と絶賛している。

映像内には、軽快な音楽とともにブラックユーモアが散りばめられており、板尾の淡々としながらも深みのある声が、独特なおかしみを演出している。さらに、サムとヨナタンを軸に、天国へ宝石を持っていこうとカバンにしがみつく臨終間近の老女、船酔いを理由に理容師に転職した元船長、現代のバーに立ち寄る18世紀の騎馬軍ら、非現実的な状況に置かれた登場人物たちの愛すべき人生がシュールに描かれている。

さよなら、人類」は8月、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開。

愛おしき隣人[DVD] 愛おしき隣人[DVD] 最安価格: ¥4,071 ロックスターとの結婚を夢見る少女、世界で一番ついてない夫婦、誰からも愛された事のない男、泣き叫び歌い出す女、困窮した家計に嘆く精神科医といった、北欧のとある街のちょっとおかしな住人たちをユーモラスに描いた珠玉作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi