【国内映画ランキング】「シンデレラ」V3、「ビリギャル」2位浮上、「脳内ポイズンベリー」7位発進 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月12日 > 【国内映画ランキング】「シンデレラ」V3、「ビリギャル」2位浮上、「脳内ポイズンベリー」7位発進
メニュー

【国内映画ランキング】「シンデレラ」V3、「ビリギャル」2位浮上、「脳内ポイズンベリー」7位発進

2015年5月12日 14:00

3週連続首位の「シンデレラ」「シンデレラ」

3週連続首位の「シンデレラ」
(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月9~10日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィーク興行を牽引した「シンデレラ」が3週連続で1位を獲得した。人気アニメを中心に盛り上がりを見せた連休が終了し、その反動がみられるかと思われたが、ディズニーの「シンデレラ」が依然として好調をキープ。公開16日間累計で動員267万人、興収33億円を突破し、6月6日公開のディズニー最新作「トゥモローランド」へつなげるいい流れが維持されている。

2位には、前週4位スタートだった「映画 ビリギャル」が2ランクアップ。平日も高いパフォーマンスを見せて公開9日間累計で興収12億円を突破した。ベストセラーを映画化した青春ストーリーというだけでなく、受験やテスト対策などにもタメになる映画という評判が聞かれるなど、親子でも見られる作品として腰の強い興行が期待される。

前週2位だった「名探偵コナン 業火の向日葵」が3位、3位だった「ドラゴンボールZ 復活の『F』」が6位と順位を下げるなか、洋画の「ワイルド・スピード SKY MISSION」が6位から4位に浮上。前週、公開からわずか16日間で前作「ワイルド・スピード EURO MISSION」(20.4億円)の興収を超え、間もなく28億円に到達する見込みだ。もちろん、シリーズ歴代最高記録。

新作では、水城せとなの同名コミックを真木よう子主演で実写映画化したラブコメディ「脳内ポイズンベリー」が初登場7位スタートとなった。全国316スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員9万0417人、興収1億2317万1300円の成績。最終興収は7億円前後が見込まれる出足となっている。原恵一監督の最新アニメ「百日紅 Miss HOKUSAI」は、トップ10入りはならなかったが、全国74スクリーンで公開され13位スタートとなった。

そのほか、「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」が5位、「龍三と七人の子分たち」が8位をキープ。前週15位だった「セッション」は、公開20日目で興収2億円を突破し、公開スクリーン数を倍の35に拡大して11位と堅調に順位を上げてきている。某映画評論家と某ジャズ・ミュージシャンによる作品をめぐっての論争も注目を集め、結果的に作品の面白さが口コミで広がって、全国17スクリーンでスタートした作品としては理想的な興行を展開している。

ワイルド・スピード EURO MISSION[Blu-ray/ブルーレイ] ワイルド・スピード EURO MISSION[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーが演じるすご腕ドライバーがカスタムカーを操り、派手で斬新なカー・アクションを繰り広げる人気シリーズの第6弾。
ドラゴンボールZ 神と神 スペシャル・エディション[DVD] ドラゴンボールZ 神と神 スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,169 宇宙の運命を賭けた魔人ブウとの壮絶な戦いから数年後、平和な地球に再び危機が訪れようとしていた…「この世には星や生命を生み出す神がいれば、破壊する神もいる…」全宇宙のバランスを保つ破壊の神・ビルスが長い眠りから目覚めてしまった!「ドラゴンボール」が“完全オリジナルストーリーで蘇る。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi