桜田ひより、中学1年生にして新宿署1日署長に就任! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月10日 > 桜田ひより、中学1年生にして新宿署1日署長に就任!
メニュー

桜田ひより、中学1年生にして新宿署1日署長に就任!

2015年5月10日 20:55

新宿署の1日署長を務めた桜田ひより「脳内ポイズンベリー」

新宿署の1日署長を務めた桜田ひより
[拡大画像]

[映画.com ニュース] モデルで女優の桜田ひよりが5月10日、全国春の交通安全運動の一環として新宿署の1日署長に就任し、東京・新宿駅でイベントを行った。桜田が出演する映画「脳内ポイズンベリー」が、新宿の映画館3館で公開中という縁もあり今回の任務についたという。

中学校に入学したばかりの桜田は、大きめの制服に身を包んで緊張の面持ちで登場。イベントスペースを取り囲んだ観客から「署長!」と呼びかけられると、照れくさそうにほほ笑んでいた。

この日、自転車のマナーとルール認知向上のためのクイズに挑戦した桜田は、3問全問正解で“署長”として模範を示した。「歩行者にベルを鳴らして道を譲らせてもよいか」などの問題に、「ベルは危険なときしかならしちゃいけない」など、きちんと解説を付けて答え、大きな拍手を浴びていた。

また、夜間の外出では、警視庁のマスコットキャラクター・ピーポ君のような「目立つ色の服が理想的」と女性警察官におすすめされると、「黒や紺の服が多いので、毎日は難しい」と困惑。そんなときのための反射材付き安全グッズを紹介されると、「ライトが当たると光って、目立ちますね」とアピールに努めた。

最後に桜田は、1日署長として「交通安全のルールを守りながら自転車に乗ると事故も減っていくと思う。ひとりひとりが意識して乗りましょう」と安全運転を呼びかけた。終始緊張気味の表情を浮かべていた桜田だったが、「ずっと楽しみにしていたので、今日、1日署長ができて良かったです。楽しかったです」と感想を語っていた。

脳内ポイズンベリー」は、人気漫画家・水城せとなの同名コミックを原作に、年下男性に翻弄されるアラサー女性の脳内にある5つの思考「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」を擬人化して描いたラブコメディ。桜田は「衝動」ハトコを演じている。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi