「乃木坂46」西野七瀬、母に感謝伝える「誇らしいと思ってもらえるように」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月10日 > 「乃木坂46」西野七瀬、母に感謝伝える「誇らしいと思ってもらえるように」
メニュー

「乃木坂46」西野七瀬、母に感謝伝える「誇らしいと思ってもらえるように」

2015年5月10日 20:20

母親に感謝を伝えた西野七瀬「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」

母親に感謝を伝えた西野七瀬
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「乃木坂46」の西野七瀬生駒里奈らメンバー12人が母の日である5月10日、それぞれの母親を招いて感謝を伝えるイベントを東京・アキバシアターで行った。

大阪出身の西野は、「いつも遠くから来て部屋をきれいにしてくれてありがとう。自分でできなくてごめんね」と照れ笑い。感謝の言葉とともにカーネーションを手渡された母親は、ハンカチで涙を拭っていた。一方の生駒は「感動系は泣きそうになるから言わない!」と言いつつも、「落ち込むと面倒くさい私をいつも励ましてくれてありがとう」と日頃の感謝を素直に伝えた。しかし、カーネーションを手渡す場面では照れまくり、「恥ずかしい!」と赤面していた。

さらに、「小学校の時、体温計をこたつに入れて(熱を上げて)学校を休もうとした」(深川麻衣)、「露出が好きなのをお母さんのせいにしている」(秋元真夏)、「昔洗わずにカビが生えたお弁当箱を捨てたのを隠していた」(衛藤美彩)など、過去を懺悔(ざんげ)するメンバーも現れて会場の笑いを誘った。

またこの日は、公開を控える映画「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」を母の日用に編集した特別映像が上映され、登壇陣も親子で鑑賞。イベント中は笑顔を弾けさせていたメンバーたちも、「乃木坂のオーディションに応募したお母さんからの、『後悔するときもある』というメールを見て心にきた。誇らしいと思ってもらえるように頑張ります」(西野)、「デビュー前のプリクラが出たとき、お母さんと顔を合わせるのが怖かった」(若月佑美)と本音を吐露する内容に、上映後は母親たちとともに目を潤ませていた。

他にも桜井玲香高山一実星野みなみ齋藤飛鳥伊藤万理華堀未央奈が登壇した。

悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」は、同グループ初のドキュメンタリー映画。「人は変われる」をテーマに、メンバーを取り巻く環境の変化や成長を映し出す。7月10日から公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi