監督降板の「スター・ウォーズ」スピンオフ第2弾はボバ・フェットの物語に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月7日 > 監督降板の「スター・ウォーズ」スピンオフ第2弾はボバ・フェットの物語に?
メニュー

監督降板の「スター・ウォーズ」スピンオフ第2弾はボバ・フェットの物語に?

2015年5月7日 18:00

人気キャラのボバ・フェット(右)が主人公に?「スター・ウォーズ」

人気キャラのボバ・フェット(右)が主人公に?
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] メガホンをとる予定だったジョシュ・トランク監督が降板したばかりの「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画第2弾が、賞金稼ぎのボバ・フェットの原点を描くストーリーになると米The Wrapが報じた。

スピンオフ映画が、ファンたちに人気のボバ・フェットを主人公とした内容になるのではないかという憶測は数カ月前からあり、今年初めにはウォルト・ディズニー/ルーカスフィルムが同役にマイケル・ファスベンダーを検討しているという噂も浮上していた。これまでの作品では、「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」で英俳優ジェレミー・ブロックが演じており、「クローンの攻撃」でニュージーランド出身のダニエル・ローガンがその少年時代を演じた。

2018年に公開を予定しているタイトル未定の本作で、メガホンをとるはずだったトランク監督は5月1日午後(現地時間)、「違う道を進むという決断を下しました」とプロジェクトからの離脱を表明。4月に米アナハイムで開催された公式ファンイベント「スター・ウォーズ セレブレーション」をスケジュールの都合と体調不良を理由に欠席していたが、この時期からすでに降板の可能性が浮上していたようだ。プロデューサーのキャスリーン・ケネディらは、新しい監督探しを進めており、ギャレス・エドワーズ監督がメガホンをとるスピンオフ映画第1弾「スター・ウォーズ アンソロジー:ローグ・ワン(原題)」(16年公開予定)の撮影が始まる夏前には新体制を整えるとみられている。

新鋭と注目されていたトランク監督は、長編デビュー作「クロニクル」の成功により新作「ファンタスティック・フォー」(秋公開)の監督に抜てきされていたが、同作の撮影現場では「とっぴな言動」をみせたり、明確な指示が出せなかったりしたため、プロデューサーのサイモン・キンバーグたちが現場をまとめなければならない局面もあったという。キンバーグが「スター・ウォーズ」スピンオフ映画第2弾の準備に携わっていることも、今回の降板に影響したようだ。

クロニクル[DVD] クロニクル[DVD] 最安価格: ¥1,000 新進気鋭の監督が作り出した五感を刺激する斬新な物語。
スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジョージ・ルーカスが贈る、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ全作を収録したブルーレイBOX。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi