盗まれた絵画を追うFBI美術捜査官の実話が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月5日 > 盗まれた絵画を追うFBI美術捜査官の実話が映画化
メニュー

盗まれた絵画を追うFBI美術捜査官の実話が映画化

2015年5月5日 13:30

[映画.com ニュース] 美術品の盗難事件を追う米FBIの美術捜査官チームの実態が、映画化されることになった。

米バラエティによれば、米クロス・クリーク・ピクチャーズ(「ブラック・マス(原題)」)はこのほど、2010年に刊行された元FBI美術捜査官ロバート・ウィットマンによる回想録「Priceless: How I Went Undercover to Rescue the World’s Stolen Treasures」(邦題「FBI美術捜査官 奪われた名画を追え」)の映画化権を獲得した。

1988年にFBIに入局したウィットマンは、ピカソやレンブラント、モネ、ノーマン・ロックウェルの絵画を始めとする盗まれた美術品の奪還に手腕を発揮し、2005年のFBI初の美術犯罪チーム開設にも尽力した。映画版のスタッフ、キャストは未定。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi