日活ロマンポルノのリブート企画発足!2016年に新作の劇場公開を目指す : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月1日 > 日活ロマンポルノのリブート企画発足!2016年に新作の劇場公開を目指す
メニュー

日活ロマンポルノのリブート企画発足!2016年に新作の劇場公開を目指す

2015年5月1日 10:00

再審査でR15+指定となった「恋人たちは濡れた」(1973)

再審査でR15+指定となった「恋人たちは濡れた」(1973)
(C)日活
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日活が1971年に打ち出した成人映画のレーベル「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えるにあたり、「ROMAN PORNO REBOOT PROJECT」が始動する。50周年に向けた企画で、16年の劇場公開を目指し新作の製作を行うほか、旧作の活性化にも取り組む。

日活ロマンポルノは、当時の映倫規定における成人映画として製作され、71~88年のわずか17年間で約1100本が公開された。短期間・低予算ながらも、「上映時間70分程度で、10分に1回の絡みを盛り込む」といった一定のルールを守れば比較的自由に作れることから、多くの若手監督たちの創作意欲をかき立て、神代辰巳田中登小沼勝曾根中生村川透根岸吉太郎池田敏春金子修介ら多くの名監督を生み出した。

今回のプロジェクトでは、現在第一線で活躍していて、これまでにロマンポルノ作品でメガホンをとったことがない監督たちによる完全オリジナルの新作を製作。71年当時の製作条件の一部を現在のフォーマットに置き換えるが、一定のルールのなかで撮影するというロマンポルノの特質は受け継がれる。BSスカパー!をパートナーに迎え初夏から製作を開始。劇場公開にあわせ、同局でR15+版の放映も予定している。

リブートプロジェクトのもうひとつの目的は、旧作の中でも傑作といわれる作品の上映を行い、ロマンポルノの“早すぎた映像表現”を鑑賞する世代、地域を拡大すること。12年に日活創立100周年記念として行われたロマンポルノ特集上映では、若い世代や女性など新たな観客層の開拓に成功。人間の本質に迫る描写や社会性の強いテーマ、その時代の文化・風俗を反映していることなどから、ロマンポルノを再評価する機運が高まっている。

そこでこのほど旧作の映倫区分の再審査を申請し、今年没後20年を迎えた神代監督の1973年の傑作「恋人たちは濡れた」と「四畳半襖の裏張り」がR18+からR15+へ変更された。審査基準が甘くなったからではなく、同作のエンタテインメント性が再評価されたことや、現在の日本映画界を代表する監督・俳優を輩出したロマンポルノの功績が再認識されたことが一因と考えられる。日活では、その時代の風俗や文化を感じる映画として多くの人に鑑賞してもらうため、今後も再審査を申請していくという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi