有村架純、現役“ビリギャル”150人にエール「目標を持つって大切なこと」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月27日 > 有村架純、現役“ビリギャル”150人にエール「目標を持つって大切なこと」
メニュー

有村架純、現役“ビリギャル”150人にエール「目標を持つって大切なこと」

2015年4月27日 22:00

150人の“ビリギャル”たちにエールを送った有村架純(中央)「映画 ビリギャル」

150人の“ビリギャル”たちにエールを送った有村架純(中央)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の有村架純が金髪・ミニスカートのギャル役に扮した「映画 ビリギャル」の女子高生限定試写会が4月27日、都内で行われ、有村はじめ、松井愛莉阿部菜渚美蔵下穂波、主人公のモデルとなった小林さやかがトークイベントに出席した。

この日会場を埋めたのは、“ビリ”エピソードを綴った1000通を超える応募から選ばれた150人の現役“ビリギャル”たち。有村らが登場すると、「かわいい!」「細い!」と割れんばかりの大歓声が上がった。「数学で0点を取ったが、勉強して慶應に受かりたい」という、第2の“ビリギャル”ともいえるエピソードが紹介されると、有村は「目標を高くするのってすごく勇気がいるし、自分自身にプレッシャーをかけて追い込んでしまうこともある。でもひとつの目標を持つって大切なことだと思うので、ぜひ頑張ってもらいたい」とエールを送った。

自らも映画やドラマ、CMのオーディションにことごとく落ちてきたという有村。その時の心境を「落ち込みます、すごく。特徴がないからかなとか、いっぱい考えました」と吐露。しかし、「これが自分。この自分をどう伸ばしていこうかと考えていた」そうで、小林から「こういう子だからきっとこうなったんでしょうね」と称賛されていた。また、撮影時に現役の女子高生だった松井と阿部は、現場でも学校の課題に取り組んでいたといい、松井は「卒業が結構危なくて……」と苦笑い。阿部が「でも一緒に卒業できました!」と胸を張ると、会場からは拍手が沸き起こっていた。

最後のマスコミ用フォトセッションでは、観客全員が金髪のカツラを着用する演出がなされ、会場は一気に“ビリギャル”仕様に。有村はその光景に満面の笑みを見せ、「自分が頑張ることによって、周りが動かされていく物語。自分の周りには愛がたくさんあるということを忘れないでいてほしいと思います」とメッセージを送っていた。

映画 ビリギャル」は、塾講師とギャル高校生の実話をもとにしたベストセラーの映画化。成績は学年ビリで、小学4年生並の学力しかない女子高生・工藤さやかが、塾講師・坪田との出会いをきっかけに、偏差値70の慶應大学現役合格を目指す姿を描く。5月1日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi