安藤サクラ、井浦新との再共演を堪能「爆弾でキャッチボールしてるみたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月25日 > 安藤サクラ、井浦新との再共演を堪能「爆弾でキャッチボールしてるみたい」
メニュー

安藤サクラ、井浦新との再共演を堪能「爆弾でキャッチボールしてるみたい」

2015年4月25日 23:40

恋人役で再共演した安藤サクラ(左)と井浦新「白河夜船」

恋人役で再共演した安藤サクラ(左)と井浦新
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 安藤サクラ井浦新が恋人役で共演した「白河夜船」が4月25日、全国4スクリーンで封切られ、安藤と井浦のほか、共演の谷村美月高橋義明若木信吾監督が、東京・テアトル新宿で行われた舞台挨拶に出席した。

2012年公開の「かぞくのくに」に兄妹役で共演した安藤と井浦が、今作では不倫関係の男女を演じているとあって、安藤は「兄妹だったんですけど、あんなことになっちゃいました(笑)」と冗談めかして挨拶。井浦も「すみません(笑)」と観客に謝り、会場の笑いを誘った。

井浦との再共演について安藤は、「恐ろしいんですよ。何が起こるかわからないんで」と戦々恐々の表情をのぞかせ、「『10秒くらい歩いたらカットかけるよ』っていうシーンで、結局15分くらい次のシーンまで(続けた)。この方がいきなりいろんな行動を起こすもので」と井浦の自由すぎる演技に言及。しかし、「それがすごく楽しくて、爆弾で楽しいキャッチボールしてるみたい」と堪能した様子で語った。

一方の井浦も、「(爆弾だから)落とせないんですよね(笑)」と楽しげに語り、若木監督は「僕は戦場カメラマンですね(笑)」と2人の独自のやりとりに感服した様子。さらに井浦は、「僕にとってすごく大切な作品になりました。日本人にしか描けない情緒というものがしっかりと映画の中に潜んでいる作品になったなと思う」としっかり映画をアピールした。

また、谷村は「このおふたりと一緒にお仕事ができるというのが本当に私の中で財産」と共演の2人に謝意。2014年度のブルーリボン賞主演女優賞、日本アカデミー賞優秀主演女優賞など多数の女優賞を総なめにした安藤には「サクラさんは、自分が背筋をぴんと伸ばすことができる女優さんでした」と敬意を表していた。

1989年に発表されたよしもとばなな氏の同名小説が原作に、写真家の若木がメガホンをとった。植物状態の妻を持つ岩永(井浦)との不倫関係を続けていた寺子(安藤)は、“添い寝屋”をしていた親友しおり(谷村)の死に衝撃を受け、不倫の不安と寂しさが身にせまり、寺子の眠りはどんどん深く長くなる。

かぞくのくに ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] かぞくのくに ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 25年が経過して、兄があの国から帰ってきた…。ヤン・ヨンヒ監督が、今なお北朝鮮で暮らす家族を想い書き下ろした真実の物語。安藤サクラ、井浦新、ヤン・イクチュンほか出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi