染谷将太「寄生獣」山崎貴監督からの謝意に感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月25日 > 染谷将太「寄生獣」山崎貴監督からの謝意に感無量
メニュー

染谷将太「寄生獣」山崎貴監督からの謝意に感無量

2015年4月25日 14:11

山崎貴監督(左)から花束を 受け取る主演の染谷将太「寄生獣」

山崎貴監督(左)から花束を
受け取る主演の染谷将太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岩明均氏の伝説的な漫画を2部作で実写映画化した後編「寄生獣 完結編」が4月25日、全国422スクリーンで封切られた。約5カ月半にわたる撮影を敢行した山崎貴監督は、主演の染谷将太に花束を手渡し「22歳でこれほどの規模のものを背負って頑張ってくれた。やり切ってくれて本当にありがとう」と謝意。染谷は、「(当初は)自分がキャスティングされて驚いていた。本当に有意義なプロジェクトで、参加できて心から良かった」と感無量の面持ちを浮かべていた。

染谷と山崎監督はこの日、共演の深津絵里橋本愛新井浩文、ピエール瀧とともに、東京・TOHOシネマズスカラ座での舞台挨拶に出席。興行収入20億円を記録した前作「寄生獣」は、香港で興収1億円のヒットを飾るなど19カ国で公開され、23日からイタリアで開催中の第17回ウディネ・ファーイースト映画祭コンペティション部門で公式上映される。山崎監督は「久しぶりですが、割と呼んでくれるんですよ、この映画祭は。ウディネは本当にごはんがおいしい。日本のコンテンツ力を見せてこられれば」と意欲をのぞかせた。

映画は、人間を捕食する謎の寄生生物(パラサイト)が出現した世界で、右腕に宿ったミギーと共生する高校生・泉新一(染谷)が、パラサイトと人間との間に起こる争いに巻き込まれていく様を描く。ミギーがCGで描かれるため、染谷は「何もないところに向かってひたすらしゃべり続けました(笑)。最後まで持つか? とも思いましたが、だんだんと見えてきて、最終的にはそこにいたという感覚。見えないとやってられないですよ(笑)」と撮影中の苦労を吐露し、場内の笑いを誘った。

深津は、“座長”を務めた染谷を「学ぶことがたくさんあって、すごい方。演じていると感じないくらい、その人そのものになっているから嘘がない。違う作品で、もっと心を通わせられる役でご一緒したいですね」と絶賛。一方、染谷は「恐れ多いです」と恐縮しきりだったが、橋本の「とても誠実な方で、すごくまつ毛が長くてセクシー」という言葉には苦笑いを浮かべていた。

寄生獣 Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 寄生獣 Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,447 伝説の大傑作マンガ「寄生獣」が完全映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi