松竹・東宝の15年2月期決算、映画・映像事業貢献し高業績 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月22日 > 松竹・東宝の15年2月期決算、映画・映像事業貢献し高業績
メニュー

松竹・東宝の15年2月期決算、映画・映像事業貢献し高業績

2015年4月22日 06:30

[映画.com ニュース] 松竹と東宝が2015年2月期決算短信(連結)を発表し、ともに映画・映像関連事業などの好業績が全体の高実績に寄与した。

松竹の売上高は前年同期比1.0%増の898億0600万円で、純利益は41億8000万円(同3.7%増)と大幅増益なった。そのうち映像関連事業は、上期公開の「白ゆき姫殺人事件」「超高速!参勤交代」「好きっていいなよ。」が好成績を収め、夏公開の「ホットロード」もヒット、11月公開「紙の月」が数々の映画賞を受賞した。

また興行は、連結子会社の松竹マルチプレックスシアターズ運営の劇場で、「アナと雪の女王」ほか邦画、洋画、アニメ、ODS(非映画コンテンツ)など365本を上映し好調に推移。テレビ制作、映像ソフト、テレビ放映権販売なども収益に貢献した結果、映像関連事業の売上高は前年同期比4.8%増の472億9500万円で、セグメント利益は同594.0%増の22億3700万円となった。これは前期に次ぐ松竹史上2番目の高業績である。

東宝は、営業収入が前年同期比4.7%増の2069億円となり、純利益は224億7900万円(同27.0%増)で歴代1位の業績となった。そのうち映画営業事業の製作部門では、「STAND BY ME ドラえもん」など27本を共同製作し、「ストロボ・エッジ」などを制作。配給部門では前記作品のほか、「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」など33番組34本、さらに東宝東和で洋画の「LUCY ルーシー」など10本を配給した。

映画興行事業では、TOHOシネマズを中心とするグループ各興行会社で、前記配給作品のほかに、「アナと雪の女王」など邦画・洋画の話題作を上映。映画館入場者数は前年同期比9.7%増の4020万2000人となった。映像事業部門は、映像ソフト事業、アニメ製作事業、実写製作事業、ODS事業の各収入が貢献し、映画事業全体では、営業収入が同6.2%増の1328億7600万円、営業利益は194億0400万円(同10.9%増)となった。

なお、松竹、東宝、東映の邦画3社の2014年1~12月累計興収は、984億5302万6042円の13年度比13年度比104.7%で、東宝の14年興収729億6540万6502円は歴代4位の成績だった。東宝は決算に合わせて初めて中期経営戦略を発表し、15年2月期は過去最高の営業利益317億5900万円(前年比11.7%増)を記録したことから、今後3年間も営業利益を300億円超に定め、創立85周年を迎える18年2月期に350億円達成へ向け挑戦していくとしている。東映の15年3月期決算短信は5月に発表予定。

白ゆき姫殺人事件[Blu-ray/ブルーレイ] 白ゆき姫殺人事件[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,642 『告白』などの原作者・湊かなえの小説を基に、美人OLの殺害容疑を掛けられた女性をめぐって人間の悪意を浮き彫りにしていくサスペンスドラマ。
超高速!参勤交代[Blu-ray/ブルーレイ] 超高速!参勤交代[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,036 佐々木蔵之介主演。笑って、泣けて、熱くなる歴史エンターテインメント超大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi