心理カウンセラーが真木よう子を脳内診断!「天性の女優さん」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月22日 > 心理カウンセラーが真木よう子を脳内診断!「天性の女優さん」
メニュー

心理カウンセラーが真木よう子を脳内診断!「天性の女優さん」

2015年4月22日 17:40

「天性の女優」と診断された真木よう子「脳内ポイズンベリー」

「天性の女優」と診断された真木よう子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の真木よう子が4月22日、東京・109シネマズ二子玉川で行われた、主演映画「脳内ポイズンベリー」舞台挨拶付き試写会に、共演の古川雄輝佐藤祐市監督、今作のスペシャルサポーターを務めるモデルでタレントのIVANとともに出席した。

この日は、真木演じるヒロインが年下の男性との恋愛成就のため、理性、ポジティブ、ネガティブなど5つの感情による脳内会議で意思決定をしていくという今作にちなみ、心理カウンセラーの晴香葉子氏からの「初対面の異性に目が行くのは?」「好きな人ができたら告白する?」などの質問に答えていく形で脳内診断を行った。

晴香氏は、古川を「対人消極性が出ている。女性にはかわいく映り、年上キラー」、IVANを「エネルギッシュで乙女なかまってちゃん」と診断し、2人は「当たっています」と驚きの表情を見せた。

さらに、真木を「天性の女優さん。一般社会にいると、小悪魔で女性の敵になる可能性がある」と診断し、「この場合の“小悪魔”とは複雑性。男勝りな態度をとったかと思うと急に女っぽいところを見せたり。でもその全部が本当の真木さん」と説明。すると佐藤監督は激しくうなずき、「あるある! 現場あるあるだ!」と納得していた。

当の真木も、「いろんな役柄を演じて、日常でその役になったりしてるので、(人によって)意見が違うというのはあると思う。なかなか当たっていますね」と肯定的にコメント。佐藤監督から「(真木が出演したドラマ)『MOZU』の現場で僕と初めて会っていたら何も話さない?」と聞かれると、「何にも話さないです。(今作で演じた)いちこだったから、ふわふわしている部分があったけど、『MOZU』とかひどいですよ」と告白した。しかしすぐに「書かれたらやばいな。ニュースにしないで!」と顔を真っ赤にして困り果て、IVANから「かわいい!」と絶賛される小悪魔ぶりを発揮していた。

脳内ポイズンベリー」は、人気漫画家・水城せとなの同名コミックを原作に、年下男性に翻弄されるアラサー女性いちこの脳内にある5つの思考「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」を擬人化して描いたラブコメディ。5月9日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi