「這いよれ!ニャル子さんF」新キャラの銀アト子が登場する予告編&ポスター完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月20日 > 「這いよれ!ニャル子さんF」新キャラの銀アト子が登場する予告編&ポスター完成
メニュー

「這いよれ!ニャル子さんF」新キャラの銀アト子が登場する予告編&ポスター完成

2015年4月20日 23:00

「這いよれ!ニャル子さん」が劇場で完結「這いよれ!ニャル子さんF」

「這いよれ!ニャル子さん」が劇場で完結
(C)逢空万太・SBクリエイティブ
/名状しがたい製作委員会のようなものF
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 逢空万太氏原作の人気ライトノベルをアニメ化した「這いよれ!ニャル子さん」の完結編となる劇場版「這いよれ!ニャル子さんF」の予告編とポスタービジュアルが公開された。作品のテーマが「ウエディング(結婚)」となることから、ポスターにはヒロインのニャル子がウエディングドレスに身を包んだ姿が描かれている。

「這いよれ!ニャル子さん」は、クトゥルー神話に登場する邪神ニャルラトホテプであり、惑星保護機構のエージェントでもある宇宙人の美少女ニャル子と、ごく普通の高校生男子・八坂真尋を中心に繰り広げられるドタバタ劇を描いたラブコメディ。2012年4~6月にテレビシリーズ第1期、13年4~6月に第2期「這いよれ!ニャル子さんW」が放送された。今作はアニメシリーズの完結編で、結婚をテーマにニャル子と真尋の絆が描かれる。

完成した予告編は全て新作カットで構成。妄想を駆り立てるニャル子のウエディングドレス姿や水着姿が初披露され、ニャル子の宿敵となる新キャラクターの「銀(しろがね)アト子」も姿を現す。これまではなかった危機的状況のなか、手を取りながら試練に立ち向かうニャル子と真尋の姿も見どころになる。ポスタービジュアルには、ウエディングドレス姿のニャル子に加え、和装のアト子も描かれている。

同シリーズは主題歌も話題で、テレビシリーズ第1期のオープニング曲「太陽曰く燃えよカオス」の曲中フレーズ「うー!にゃー!」はネット上で大流行。ネット流行語大賞銀賞を受賞した。今作の主題歌「這いよれOnce Nyagain」には再び「うー!にゃー!」のフレーズが盛り込まれ、予告編映像でもその楽曲を確認することができる。

ポスタービジュアルと予告編の完成にあわせ、4月18日から各上映劇場窓口での特典付き前売り券の発売も決定。5月16日にはテレビシリーズ第1期、第2期を映画館の大画面で鑑賞できるオールナイト上映が新宿バルト9で開催されることも決まった。

這いよれ!ニャル子さんF」は5月30日から公開。

這いよれ!ニャル子さんF Blu-ray 初回限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 這いよれ!ニャル子さんF Blu-ray 初回限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,818 八坂真尋の日常は、自宅に居座るニャル子、クー子、ハス太の3人(?)の邪神に囲まれて、毎日賑やか。ある休日。真尋の元に、話題のアミューズメントスポットのチケットを手に入れた同級生の珠緒と余市が現れて…。今度のニャル子さんは、ついに真尋とウェディング!?怒涛のハイテンションラブ(クラフト)コメディ!堂々完結!
『這いよれ!ニャル子さん』Blu-ray BOX<初回生産限定>[Blu-ray/ブルーレイ] 『這いよれ!ニャル子さん』Blu-ray BOX<初回生産限定>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥23,587 日本をお騒がせしたあの「うー!にゃー!」が帰ってくる!高校生の少年・八坂真尋の前に突然現れた銀髪碧眼の美少女は、自らをクトゥルー神話に登場する邪神・ニャルラトホテプと名乗り、しかも宇宙人であることを告白。そこから始まるニャル子と真尋を中心とした、邪神(宇宙人)と地球人が入り乱れて巻き起こるトラブルだらけの日々を描いたラブコメディ!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi