Google、ソーシャルメディアでのネタバレを防ぐ技術を開発 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月19日 > Google、ソーシャルメディアでのネタバレを防ぐ技術を開発
メニュー

Google、ソーシャルメディアでのネタバレを防ぐ技術を開発

2015年4月19日 12:35

SNSでネタバレ情報が掲載されるとフィルターをかける

SNSでネタバレ情報が掲載されるとフィルターをかける
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] Googleが、ソーシャルメディアでのネタバレを防ぐ技術を開発中であることを米タイム誌が報じた。

同社が獲得した特許で明らかになったもの。ユーザーのドラマ視聴の進捗状況を把握したうえで、ソーシャルメディアを監視し、視聴していないエピソードのネタバレ情報が掲載されたときには、フィルターをかける仕組みだという。

アメリカでネットフリックスやHulu、アマゾンといったストリーミング配信サービスから提供されるドラマは、いずれも1シーズン分のエピソードが一挙に公開されることが多い。そのため、ユーザーは自分のペースで視聴することができる一方で、ソーシャルメディアでネタバレ情報に遭遇してしまうアクシデントが多い。

今後、ストリーミング配信ドラマがますます増えるなかで、同社の新技術は重宝されることになりそうだ。サービス提供の開始時期は発表されていない。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi