「ゆず」、劇場版「クレヨンしんちゃん」主題歌熱唱で野原一家の引っ越し応援 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月18日 > 「ゆず」、劇場版「クレヨンしんちゃん」主題歌熱唱で野原一家の引っ越し応援
メニュー

「ゆず」、劇場版「クレヨンしんちゃん」主題歌熱唱で野原一家の引っ越し応援

2015年4月18日 18:30

野原一家がメキシコに移住!「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」

野原一家がメキシコに移住!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]シリーズ通算23作目となる人気劇場版アニメの最新作「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」が4月18日、全国339スクリーンで封切られ、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇2で行われた舞台挨拶に矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治こおろぎさとみの声優陣のほか、主題歌を手がけた「ゆず」の北川悠仁岩沢厚治が出席した。

父・ひろしの転勤を機に、野原一家は住み慣れた埼玉・春日部を離れ、メキシコのモウクエンカ州マダクエルヨバカという町に移住。しんのすけたちが異国の文化や“人食いサボテン”に立ち向かい、大暴れする。ゲスト声優として、HKT48の指原莉乃と「日本エレキテル連合」が参加している。

ゆずの2人が赤を基調としたラテン系の衣装で登場すると、女性ファンからは大歓声。そして、メキシコへ旅立つ野原一家へのエールを込め、主題歌「OLA!!」を熱唱した。北川は、自由に振る舞うしんのすけに、「相変わらずしんちゃんで、やりたい放題だなと。あこがれます」と感服の様子。「お見送りにきました」という岩沢は、しんのすけとお尻を突き合わせて「お尻合い(お知り合い)」を披露し、会場を沸かせていた。

一方で、ひろし役の藤原は「野原ひろし役で超人気若手アイドル声優の座に上り詰めました。今日は女性のお客様が大勢いらして、これはゆずのファンではなく、私のファンに違いない。本当にありがとうございます」とウィットに富んだコメントで笑いをさらう。しんのすけ役の矢島は、満場の観客へ向け「ありがとうありがとう、これもみんな、ゆずさんのおかげです」と話し、「これでオラも、安心してメキシコにお引っ越ししていけます。向こうでボンキュッボーンのきれいなお姉さんのお友達をたくさん作りたいと思います。今度会う時はどうぞ、よろチクビ~」と感謝を述べた。

また野原一家はこれまで、引っ越しのために春日部市役所への転出届提出、在日メキシコ大使館へのVISA申請を行っており、この日はしんのすけが、年齢欄に「FOREVER FIVE」と書かれたパスポートを取得。諸手続きの模様を、スクリーンで振り返った。さらに壇上では、野原一家の着ぐるみとMCの宇賀なつみアナによる寸劇が行われ、子ども連れやカップルでにぎわう客席は大喜びだった。

クレヨンしんちゃん きっとベスト☆密着!カスカベ脱出[DVD] クレヨンしんちゃん きっとベスト☆密着!カスカベ脱出[DVD] 最安価格: ¥3,163 野原一家の引越しが描かれる劇場版第23作「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」の公開に合わせ、しんのすけたちがカスカベ以外の場所で巻き起こすお騒がせ爆笑ストーリーを収録したDVDがリリース。
映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん[DVD] 映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん[DVD] 最安価格: ¥3,036 劇場版「クレヨンしんちゃん」の第22弾!ある日、ギックリ腰を治しにマッサージに行ったとーちゃんがロボットになって帰ってきた。料理を作ったり、家をピカピカにしたり、リモコン操作もできる便利な“ロボとーちゃん”。しかし、それは家庭での立場が弱くなった日本の父親たちの復権をもくろむ巨大な陰謀だった…。そしてついに“父親革命”が勃発。しんちゃん映画史上、最もアツい、オヤジの戦いが始まる!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi