「サイコパス」な鬼教師を演じた「セッション」J・K・シモンズのインタビュー映像を独占入手! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月14日 > 「サイコパス」な鬼教師を演じた「セッション」J・K・シモンズのインタビュー映像を独占入手!
メニュー

「サイコパス」な鬼教師を演じた「セッション」J・K・シモンズのインタビュー映像を独占入手!

2015年4月14日 09:00

アカデミー賞助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズ「セッション」

アカデミー賞助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズ
(C)2013 WHIPLASH, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 音楽映画「セッション」で第87回アカデミー賞をはじめ数々の映画賞で助演男優賞を総なめにしたJ・K・シモンズが、自身の演じた鬼教師フレッチャー役について語ったインタビュー映像を、映画.comが独占入手した。

新鋭デイミアン・チャゼル監督が自らの経験をもとに脚本を執筆し撮りあげた本作で、シモンズは名門音楽大学の伝説のスパルタ教師フレッチャーを怪演した。自身も音楽を勉強したことがあり、「楽譜も読めるし、ピアノも弾ける」ことから、「音楽に関してはかなり自然にやれる」そうで、実際に劇中でピアノの腕前を披露している。音楽に関して自信をのぞかせたが、「まともじゃない男はもっと自然に演じられる」と穏やかに語る。

「まともじゃない」フレッチャーの指導は容赦がない。罵声がとび、イスがとび、平手打ちがとぶ。「フレッチャーの信条で僕が理解できたのは、平凡であることを拒絶しているところだ」とシモンズは語る。「彼は才能を刺激して開拓し、次のレベルに連れて行き、とてつもない芸術を創作したいと願っている。それは、気高い試みだ」と理解を示すが、「でも、彼はサイコパスだからうまくいかないんだ」と完ぺきを求めるがゆえの“狂気”を評する。

そんなフレッチャーが目をつけたのは、偉大なドラマーになるという野心を抱いた1年生のアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)。「フレッチャーはどんな分野でも誰にも見つけられない特別な才能を探している。モーツァルトやチャーリー・パーカーや、野球界のミゲル・カブレラのような才能をアンドリューの中に見ているんだ」と、シモンズは分析する。高みを目指すフレッチャーは、アンドリューを徹底的に追い込んでいき、そのプレッシャーは見る者の心にも叩き込まれていく。そしてその先には、才能と狂気のセッションがたどり着く圧巻のクライマックスが待ち受けている。

映画「セッション」は4月17日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi