染谷将太「寄生獣」完結編に大きな自信「素直に感動しました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月13日 > 染谷将太「寄生獣」完結編に大きな自信「素直に感動しました」
メニュー

染谷将太「寄生獣」完結編に大きな自信「素直に感動しました」

2015年4月13日 20:20

豪華キャストがずらり勢ぞろい!「寄生獣」

豪華キャストがずらり勢ぞろい!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岩明均氏の人気漫画を2部作で実写化した「寄生獣」の後編「寄生獣 完結編」の完成披露試写会が4月13日、都内で行われ、主演の染谷将太をはじめ、共演の深津絵里阿部サダヲ橋本愛新井浩文、ピエール瀧、山崎貴監督が舞台挨拶に出席。レッドカーペットを歩いて登場すると、客席にミギーの目玉を模したボールを投げ入れた。

主人公の新一を演じた染谷は、「完結編の新一は強いです。アクションシーンも前回よりも激しく、頑張りました」とニッコリ。そして、「1年くらい前に、約5カ月以上かけて撮影が行われ、そして編集とVFXの作業があって、前編からも約半年ほど開きました。やっと完結して、完成したものを見た時に本当に感動しました。今まで見たことがないドラマが繰り広げられている」と自信をのぞかせた。

パラサイトでありながら妊娠する田宮良子役の深津は、「自分が想像していたものをはるかに超えていて、驚きました」と感慨深げ。さらに山崎監督が「深津さんのベロベロバーを楽しみにしていただければと思います」とアピールすると、「あれ、いないいないバーですよね?」と訂正し、笑いを誘った。ヒロイン・村野里美役の橋本は、約11メートルの高さからのワイヤーアクションに挑戦したといい、「高いところが大好きなので、とても楽しかったです。バカみたいですよね、大好きなんですよ」と意外な一面を明かしていた。

また、ミギーの声とパフォーマンスキャプチャーを担当した阿部は、「寄生獣」イベントに初参加。しかし「前編を映画館で見させていただいたんですが、スタッフロールで阿部サダヲの名前がパーンと出てくる。そうしたら、後ろのお客さんが『出てた?』って言っていた」と浮かない顔で、「イベントとか参加しないと、そういうことになっちゃうんですね」とぼやくと、会場は笑いに包まれた。

一方で新井とピエール瀧は、「完結編」で初登場。常に笑みをたたえるパラサイト・三木に扮したピエール瀧は、「最初に山崎監督から『7メートルくらい手は伸びますか?』と聞かれ、『伸びます』と答えました。それから撮影の日まで、お酢やグルコサミンを飲んでいました。CGなしで伸ばしています」とジョーク交じりに語る。パラサイトを見分ける能力を持つ連続殺人鬼・浦上を怪演した新井は、染谷との共演が多いため「僕は死んだ魚の目とよく言われますが、染谷の方がそうだよなと確認していました」と話し、客席を喜ばせた。

寄生獣 完結編」は、4月25日から全国公開。

寄生獣 Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 寄生獣 Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 伝説の大傑作マンガ「寄生獣」が完全映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi